Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「亭主元気で留守がいい」沢口靖子、長澤まさみ、郷ひろみ…芸能界で“恐れられる”あの会社のCM

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

沢口靖子の「だれが26やねん。ハハハ」

 1992年の蚊取り器「キンチョウリキッド」のCMでは、それまで二枚目俳優として売っていた近藤正臣が、タヌキの着ぐるみでスクーターに乗りながら「30日、30日、いっぽんぽん~」と歌って衝撃を与えた。「タンスにゴン」のCMでも、2000年から女優の沢口靖子が出演し、ひな人形に始まり、政治家などさまざまな役に扮しながら、毒舌や自虐めいたセリフを口走るのが話題を呼んだ。2005年のシリーズ最後のCMでは、沢口が本人役で登場し、ヘアスタイリング中に携帯電話で話しているというシチュエーションで、「タンスにゴンのCM契約終わってん。いつまでもアホなことばっかりやってられへんやろ。私もう今年で26やで。だれが26やねん。ハハハ」と、ひとりでボケとツッコミまでやってのけた。これらCMの印象からか、芸能界において金鳥は恐れられる存在でもあるらしい。ある大物女優に出演依頼するため、所属事務所に電話して「金鳥なんですけど」と告げたところ、マネージャーに10秒ぐらい笑われて、切られたこともあったという(※2)。

「あーあ、おじいちゃん、また“死んだふり”してる」

 金鳥はまた、老いや死など、CMではタブーとされるような要素もたびたび採用してきた。たとえば、前出の掛布出演の金鳥マットのCMでは、病院の老人たちが最後に「こう年をとると蚊も刺しませんなあ」と言うのがオチとなっていた。「タンスにゴン」でも、ちあきなおみが「おじいちゃん、ゴン、買ってきてくださいな」と頼むと、いきなりおじいさんは目を開いたまま倒れ込み、孫娘に「あーあ、おじいちゃん、また死んだふりしてる」と言われるCMがあった。ただし、これは放送されるやクレームがつき、途中で「寝たふり」とセリフが変えられている。それでもこれは例外的なケースで、金鳥としてはよっぽどのことがないかぎりクレームには謝罪しない方針をとっているらしい。これについて、金鳥宣伝部は編著で次のように説明していた。

《電話までしてくる方は、何かしら金鳥のCMをご覧になって不愉快な思いをされています。それは申しわけないことかもしれませんが、別に私たちは悪いことをしているわけではありません。ただご意見としてお聞きしますというスタンスです。不愉快になる、ならない。面白い、面白くないというのは個人の感情です。私たちは考査もしっかり受けて、法的に何も問題がないということでオンエアしていますから、CM自体が悪くて謝るということはないんです》(※2)  それはクリエイターに対する信頼の表れともいえよう。事実、前出の川崎徹は、金鳥での仕事を振り返って、《キンチョウといういいお皿の上で、みんなが安心して自由に発想を伸ばせた、それに尽きるんじゃないかなあ。信じられないくらい懐が深いんですよ。想定しないものが仕上がったほうが喜ぶんだから。「こんなんなっちゃったのか。でもいいじゃないか」って。僕らのほうが大丈夫かなって心配するくらい》と述べている(※1)。

【関連記事】