Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「カンニング抑止AI技術」ユーザーローカルがCBTソリューションズに提供

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

ユーザーローカルは、シー・ビー・ティ・ソリューションズ(以下、CBTソリューションズ)に「オンライン試験カンニング抑止AI」を提供することを発表した。 新型コロナウイルスの感染拡大にともない、インターネットを利用したオンライン試験の需要が急速に高まっているが、オンライン試験では「カンニング行為」「替え玉受験」といった不正が発生しやすいという課題があるという。 この問題に対し、ユーザーローカルでは、ディープラーニング技術によるオンライン試験カンニング抑止AIを開発。 今回、オンライン試験システム大手のCBTソリューションズの「Remoty AI+」にユーザーローカルのAI技術を提供する。 CBTソリューションズの「Remoty AI+」の主な特徴は、事前登録した受験者が最後まで受験しているかを確認し、替え玉受験を防止。 また、複数人物が写っていないかどうかを確認し、協力者がいないかどうかを判定する。 さらに受験者の目線や体の動きをもとに、不正行為を行っていないかを推定。たとえば携帯電話を操作していないかなどをチェックする機能を備えているという。 今回、同サービスを提供することにより、オンライン試験の不正チェックをより強化し、受験者は試験のためにわざわざ外出することなく試験を受けることが可能になるとしている。

【関連記事】