Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

待望の営業再開へ 東京ディズニーランドが“感染対策”公開 米では対策求めキャストが抗議活動

配信

ABEMA TIMES

 東京ディズニーランドは、7月1日の営業再開を前に新型コロナウイルスへの感染防止策を公開した。 【映像】東京ディズニーランドが“感染対策”公開  入園前には人との距離をとるよう徹底し、マスクとフェイスシールドをつけたキャストが一人ひとり丁寧に検温。マスクの着用や手の消毒など、約4カ月ぶりの再開に向けて東京ディズニーリゾートは徹底した感染防止対策を行っている。

 パレードの鑑賞エリアでは、人の密集を防ぐため足元には観客の立ち位置を示す印が。また、アトラクションでは座席の間隔をあけ、キャストによる消毒作業も丁寧に行われる。  東京ディズニーランドとディズニーシーでは、感染防止策として日付指定のチケットの事前購入が必要だが、ファン待望の営業再開に向け準備が整っている。

 一方、アメリカ・カリフォルニア州のディズニーでは、再開に向けた準備が難航している。クラクションを鳴らし、ディズニーランドの周辺を回っているのはここで働くキャストたち。約200台の車が集まり、安全に営業再開できるよう対策を求めている。「私たちはパークに戻ってきたい。ディズニーを愛しているし、仕事も心から好きだけど、安全ではない状態では戻ることはできない。テーマパークを再開させたいし、世界中の皆さんにカリフォルニアに来てほしい。だから、私たちは安全にパークをオープンさせなければならない」とキャストの男性。  カリフォルニア州では先週、1日の新たな感染者数が3日連続で5000人を超えたほか、入院患者も過去最多に。カリフォルニア州のディズニーの2つのテーマパークは、入場者の制限や検温などの感染対策をとって7月17日に再開する計画だった。しかし、カリフォルニア州から再開への指針が出るのが7月4日以降となる見通しとなり、準備期間が足りないため無期限の延期となった。  一方、フロリダ州にあるディズニー・ワールドは今のところ、7月11日からの再開を予定しているという。 (ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)

【関連記事】