Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨のパワハラ会議で損害賠償請求はできる? 弁護士に聞いてみた

配信

エキサイトニュース

先日、国民的ヒット漫画「鬼滅の刃」(作者:吾峠呼世晴)が週刊少年ジャンプにて完結。7月3日には単行本21巻が発売された。 「鬼滅の刃」はその名の通り、鬼狩りが人を喰らう「鬼」を滅ぼすまでを描いた冒険譚だが、主人公・竈門炭治郎および鬼殺隊の宿敵である鬼たちには鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん/以下、無惨)という名の絶対的な支配者がいる。 この無惨の冷酷無比な性格や、部下の鬼すら簡単に切り捨ててしまう冷徹さは読者の間でも度々話題になってきた。そんな無惨の人格をよく表したエピソードが、部下の鬼たちをまとめて叱責する通称「パワハラ会議」のシーンである。 折しも、日本では6月から大企業向けに「パワハラ防止法」の雇用管理上必要な措置を講じる義務が施行された。今回は現実世界でも議論されつつある「パワハラ」について、自身もマンガ好きという村田浩一弁護士に「『鬼滅の刃』のパワハラ会議は、どう対応するのが法律的に正解なのか」という観点でインタビューを実施。パワハラ防止法の解説も交え、前後編にわたってお届けする。

無惨さんは、パワハラをやりがちな人の典型例 ――今回は、事前に「鬼滅の刃」を読んでくださったということで、ありがとうございます! 村田浩一 弁護士(以下、村田):「パワハラ会議」の名前の通り、まさに問題ばっかりで問題じゃないところを探すのが難しかったです。 ただ、反面教師になるとは思いますので、管理職の方は「鬼滅の刃」を読んで、パワハラに正しい知識を持って仕事をしてほしいですね。 ――最初から厳しいご意見です……! まずは「パワハラ防止法」がどういうものかをお聞きできますか? 村田:「パワハラ防止法」とは2019年に改正された法律で、正式名称は「労働政策の総合的な推進並びに労働者の雇用安定及び職業生活の充実等に関する法律」という法律です。

――名前がめちゃくちゃ長いんですね……。 村田:そうです。長いので「労働政策総合推進法」と呼ばれています。その法律のなかでパワハラは次の3つを満たすものとしています。

【関連記事】