Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サーモカメラ、市役所で活用 37・5度でアラート 寄贈受け印西市

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
千葉日報オンライン

 印西市は、デジタル技術を応用した画像処理関連企業「デルフトハイテック」(川崎市)から、体温を測るサーモグラフィーカメラ1台の寄贈を受けたと発表した=写真(市提供)。  カメラの前を通過する人の体温を表示し、37・5度を上回るとアラートで知らせる。当面は市役所ロビーに配置して新型コロナウイルス感染防止に活用し、公的施設やイベントで使用していく。  検温用サーモグラフィーを体験した板倉正直市長は「優れた機能を持つカメラで感染防止に心強い。市民の健康と安全を確保するため、有効に使わせていただく」と話した。

【関連記事】