Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

4こま漫画の描き方教えます 県が解説動画公開【岩手】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
岩手日日新聞社

 県は、動画投稿サイト・ユーチューブに、漫画の描き方を解説する動画を初公開した。県主催の「いわてマンガ大賞」受賞歴のある漫画家クリストファー・アイゼンフィールドさん(盛岡市出身)が出演し、4こま漫画の基本構成などを分かりやすく伝えている。  県は、岩手の漫画文化振興と漫画を活用した本県の魅力発信を目的に、いわてマンガ大賞コンテストを毎年実施。今年も一般部門と1~4こまマンガ部門で、今月14日まで岩手をテーマにした作品を募っている。コンテストの応募者を増やすきっかけにしようと、8月31日に「やさしいマンガの描き方」と題した解説動画を投稿した。  8月上旬に盛岡市内で開催されたワークショップを録画したもので、長さは9分程度。第7回いわてマンガ大賞に輝いたアイゼンフィールドさんが「わんこそば」をテーマにした自作の4こま漫画を例に、ストーリー構成の基本となる「起承転結」をはじめ、読者に伝わりやすいせりふの大切さ、オチの付け方などを丁寧に解説している。  動画は、ユーチューブ県公式動画チャンネルから視聴できる。県文化振興課の担当者は「誰にでも理解しやすい内容。動画を見て漫画文化に興味を持ってほしい」としている。

【関連記事】