Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

照強 2度のつっかけ、変化から送り出しで4勝目 元栃煌山・清見潟親方「しっかり合わせて」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

<大相撲秋場所>◇十三日目◇25日◇東京・両国国技館  前頭三枚目の照強(伊勢ヶ濱)が前頭二枚目・北勝富士(八角)を送り出して4勝目を挙げた。敗れた北勝富士は今場所の負け越しが決まった。この一番では立ち合いがなかなか成立せず、元関脇・栃煌山の清見潟親方から「しっかり合わせて」と注文が入る一幕もあった。 【映像】照強「2度のつっかけ、送り出し」  呼吸が合わず、立ち合い不成立が続いた両者。2度続けて照強がつっかけた後で迎えた3度目の立ち合い。ようやく成立すると、両手を前に出して立った照強が左に変化しながら右にいなすと、真っすぐに立った北勝富士は勢い余って土俵の外へ送り出された。

 ABEMAで解説を務めた清見潟親方は「照強はよくこれをやりますからね。次がどういう立ち合いでくるのか、作戦でやってきたりするので」と話すと「ここはしっかり合わせたいですね。やっぱり目線とか呼吸を合わせないといけないので。しっかり片手をついてからもう片方の手を、というのが本来の形。そこはしっかり合わせていきたいですね」と述べ、立ち合いをしっかりと成立させるように促した。  そのうえで清見潟親方は「(北勝富士は)頭にあると思うんですけどね。しっかり踏み込んでと思ったかもしれないが、上体から突っ込んでしまった。もっともっと足から行ければ(変化が)見えると思う。照強のタイミングが良かった」と話し、北勝富士が送り出された要因も指摘した。  心理戦の様相を呈した一番を受け、視聴者からは「さすが曲者」「まんまとハマった」「小兵ならでは」などといった声が寄せられた。(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【関連記事】