Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

国鉄二俣線を引き継いだ天浜線(天竜浜名湖鉄道)|古き良き鉄道風景が残るローカル線の駅を巡る旅

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

独特の存在感を放ち、何ともいえない居心地のよさ。古き良き鉄道風景が残るローカル線の駅を巡る旅へご案内。

地域の表玄関として街の盛衰を見つめてきた古い駅舎は独特の存在感を放つ。人々が往来した改札口、日夜、運行の安全を支える鉄道マンが守ってきたホーム。歴史が刻まれた駅に佇むと、何ともいえない居心地のよさを感じる。 そんな駅に出会いたくて、静岡県の第三セクター、天竜浜名湖鉄道(天浜線)を旅した。 **

【遠州森(えんしゅうもり)駅】

森町は大正時代に地理学者・志賀重昂が訪れ、その景観に初めて「小京都」という言葉を使った秋葉は 街道の宿場町。太田川沿いに古い町並みが残り、その中心にある遠州森駅も古き良き駅の風景を伝えている。駅のレンタサイクルで周辺の散策も楽しめる。営業時間:9時~15時30分

【遠江一宮(とおとうみいちのみや)駅】

** 天浜線の前身の国鉄二俣線は、戦時体制下の昭和15年(1940)に全線開業した。海岸沿いを走る動脈、東海道本線が攻撃されたときの迂回路として、新路線が建設された。そんな歴史をもつ天浜線では、駅舎をはじめ、ホーム、転車台、扇形庫など、戦前から使われている多くの鉄道施設が国の有形文化財に登録され、今も現役で活躍している。 **

古びた木造駅舎や、国鉄二俣線時代の名残でもある低く長いホームがある。周囲に新しいものがなく、まるで時間が止まったかのような停車場の姿。また「遠江」という律令時代からの古い国名を唯一使う駅でもある。天竜浜名湖鉄道の沿線で駅を楽しむために途中下車するとすれば、いちばんおすすめする駅だ。

** 掛川駅から3駅目の桜木駅、そのふたつ先の原谷駅は、どちらも切妻屋根に縦長窓の、絵に描いたような木造駅舎だ。古くからの宿場町の駅、遠州森も、駅舎は桜木、原谷とほぼ同形。いずれも昭和10年(1935)の部分開業時から残るクラシックな駅舎だ。 立派な屋根を載せた遠江一宮駅では駅舎内の蕎麦屋で本格的な手打ち蕎麦が味わえる。屋根の形は天竜二俣駅、宮口駅とも似通っている。こちらは昭和15年(1940)の開業。建築時期のわずかな違いで駅舎の形が変わるのも面白い。 **

【関連記事】