Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

電撃結婚のメッカ! ラスベガス婚したセレブカップルたち

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ELLEgirl

婚姻手続きが簡単なことで知られているネヴァダ州。そのためラスベガスは電撃結婚のメッカとして知られている。ここで衝動的に式を挙げ、すぐに破局したカップルは数知れない。でも実は最近、リリー・アレンやソフィー・ターナーを始め、前もってきちんと計画してラスベガスで素敵な式を挙げているセレブが増加中! そこで今回はこれまでラスベガス婚した有名セレブカップルたちを一挙にプレイバック。

リリー・アレン&デヴィッド・ハーバー

ラスベガス婚した最新セレブカップルがリリー・アレンと俳優のデヴィッド・ハーバー。2020年9月9日にラスベガスのグレース・ランド・ウエディングチャペルで結婚、ラスベガスではおなじみのエルヴィス・プレスリーのそっくりさんが司祭を務めた。

ちなみにリリーが選んだのは「ディオール」のミニドレス。式の後にはハンバーガーショップ「イン&アウト」のハンバーガーでお祝いしたそう!

ソフィー・ターナー&ジョー・ジョナス

2019年5月にネヴァダ州で開催されたビルボードミュージック・アワードの授賞式に出席した後、そのままラスベガスに移動して結婚式を挙げたジョー・ジョナスとソフィー・ターナー。ディプロがインスタグラムのストーリーにアップした動画には、ラスベガス婚ではおなじみのエルヴィス・プレスリーのそっくりさんが式を執り行う様子や、ジョーの弟ニック・ジョナスらが祝福するシーンが写っていた。式の後にはピンクのキャデラックに乗って記念撮影も!

ちなみにその年の6月に2人はパリで改めて挙式。ラスベガスでの式には出席できなかったソフィーの家族もしっかりお祝いすることができたよう。

ミア・ゴス&シャイア・ラブーフ

ソフィーとジョーがお手本にしたと言われているのが、ミア・ゴスとシャイア・ラブーフ。2人も2016年にソフィーたちのようにエルヴィス・プレスリーに扮した司祭の立ち合いのもと、結婚式を挙げている。残念ながら2018年に破局してしまったけれど、最近また一緒に出かけているところを目撃されている。2回目のラスベガス婚もありえるかも!

【関連記事】