Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<新型コロナ>35人感染、勤務通学や飲食で東京と関連の男女ら 東和銀行で行員も感染、店内を消毒

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 埼玉県などは25日、新型コロナウイルスの感染者を新たに35人確認したと発表した。内訳は県発表が28人、さいたま市が4人、川口市が2人、越谷市が1人。 「はじまりの花火」新しい日常のスタートに 東京五輪の開会式予定日、所沢や深谷など全国で花火打ち上げ

 これまでに確認された感染者は2035人(チャーター便帰国者含む)、死者は72人。重症者は3人。感染者の指定医療機関への入院は62人、一般医療機関への入院は196人。ホテル療養は103人、自宅療養は70人。925人が退院し、療養終了は572人となった(25日午後5時時点)。  県によると、県管轄で感染が確認された28人中、10~60代の男女14人の詳細が分かっており、そのうち6人が都内に勤務や通学、飲食するなど東京と関連があった。  また、24日に判明し、調査中としていた20~50代の男女12人のうち、9人が東京と関連があった。  さいたま市によると、上尾市在住の1人を含む20~30代の男女4人の陽性が判明。このうち市内在住の30代の男性会社員は家族に感染者がいた。  川口市によると、都内のスナックに勤務する30代女性と、40代の自営業男性の2人の陽性が確認された。  越谷市によると、60代女性の感染が判明。

 東和銀行によると、岩槻支店に勤務する県内在住の40代男性行員の感染が確認された。26日に同店内やATMコーナーの消毒作業を実施し、27日から通常通り営業するという。

【関連記事】