Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

KDDI・ANAら、愛媛県南予地域の観光型MaaSの実証実験を10月29日から開始

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

KDDI、南予広域連携観光交流推進協議会、四国旅客鉄道、ANA、伊予鉄バス、宇和島自動車、瀬戸内ブランドコーポレーション、一般社団法人愛媛県バス協会、石崎汽船は、愛媛県南予地域(以下、南予地域)の公共交通の利便性向上や移動のシームレス化による観光客の満足度の向上を目的とした観光型MaaSの実証実験を2020年10月29日から12月31日の間で行うと発表した。

参加9団体は、同実証実験の実施に向けて「南予観光型MaaS実証実験協議会」を設立。 南予地域の交通機関をリーズナブルに利用できる「えひめ いやしの南予デジタルフリーパス」を販売し、アプリダウンロードや会員登録、クレジットカード登録が不要な観光型MaaSサービスを提供するとのことだ。

同実証実験により、ユーザーはよりシームレスで簡単な観光を体験できるとしている。 実証実験の概要・特徴は以下。 1.南予地域のJR、伊予鉄グループの路線バス、宇和島自動車の路線バスが乗り放題となるデジタルフリーパスによる観光型MaaS実証を実施。 2.駅やバス車内にあるNFCタグやQRコードにスマートフォンをかざすだけで乗り降りができるシームレスな取り組み。 3.クラウドシステムを使うことにより、アプリのダウンロード・個人情報を入力する会員登録が不要かつ、登録済みの決済方法を使えば新たにクレジットカードの入力も不要という特徴がある。 4.ANAが提供する「ANAアプリ」上の「空港アクセスナビ」との連携により、観光型MaaSのデジタルフリーパスが購入、表示可能。 5.南予地域のJRの駅にあるポスターにかざすと、周辺観光地や飲食店の情報が閲覧でき、現在地から観光地、飲食店までのルートを案内。 6.交通機関の乗車、降車、観光施設の入場ごとにポイントが貯まり、ポイントは観光施設の入場券と引き換えができるなど、観光地を巡れば巡るほどリーズナブルに。 旅行中に災害情報、緊急情報を容易に取得できる機能や旅行保険に加入可能な機能を有しているという。 なお、同実証実験は、国土交通省「令和2年度日本版MaaS推進・支援事業」の認定を受けた取り組みであるとのことだ。 今後も、さまざまなパートナーと連携し、交通手段や利用地域の拡大、観光コンテンツ拡充や多言語対応などにより、観光型MaaSサービスのさらなる高度化を図るとともに、社会実装に向けた取り組みを推進していくとしている。

【関連記事】