Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「その人自身に惹かれる」カーラ・デルヴィーニュがパンセクシャルを告白

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 カーラ・デルヴィーニュが自身のセクシャリティについて堂々と発言。 『Variety』誌の最新インタビューで、彼女は自身を、性別に関わらずに惹かれるパンセクシャル(全性愛)であると認識していると語った。 【写真】新しい気付きをくれる、BESTトランスジェンダー映画11本 「私はずっと、パンセクシャルのままだと思う。その人が自分をどう定義づけようと、“彼らでも“彼”でも“彼女”でも、私はその人に恋をする…。それだけのこと。私はその人自身に惹かれるの」と、彼女。 また、自分のジェンダーをどう受け止めているかについて、「よく変わるわ。常に違う気分でいる。いつもより女性らしい気がすることもあれば、男性のような気分の日もある」と、つけ加えていた。

キャリアのスタート時は、人前では完全に自分らしくあることができなかったと、彼女は振り返る。レイプとセクハラの罪で現在、懲役23年の刑に服している元ハリウッドの大物ハーヴェイ・ワインスタインは、かつて彼女に突然電話をかけてきて、私生活についていろいろと口を出してきたことがあると、『Variety』誌に語っている。 「ハーヴェイは、“君は女性とは一緒にいられないし、女優にもなれない“と言ったひとりよ」と、彼女。「私はBFがいるフリをしないといけなかった。そういう話を前に聞いたことはあったけど、BFを仕込むということに私はとても失望した。男性と会話していて、“僕はきみと付き合っているフリをするけど、愛しているわけではない“とか言われるわけよ。そういう方向にさらにプッシュされた時に、なおさら別の方向に行く必要があると気づかされたわ」。 デルヴィーニュは最近、長年のガールフレンド、アシュリー・ベンソンと破局した。2人は2018年から交際していた。

Translation: Mitsuko Kanno from Harper's BAZAAR.com

【関連記事】