Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

重賞12勝スーパーステションの復帰戦、門別では3年ぶりの敗戦

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
netkeiba.com

 27日の門別競馬第11R(ダ1800m)は、好位で進めた小野楓馬騎手騎乗の3番人気クインズサターン(牡7、北海道・安田武広厩舎)が直線で脚を伸ばし、最後は7番人気オヤコダカ(牡8、北海道・米川昇厩舎)をクビ差差し切って優勝した。勝ちタイムは1分56秒1(良)。  昨年9月の旭岳賞勝利以来の復帰戦となった重賞12勝馬スーパーステションは、2018年2月以来の非重賞競走への出走。後続を離した積極的な競馬からラスト200mまで先頭を守ったが、オヤコダカから3馬身差の3着となった。門別では約3年ぶりの敗戦。  勝ったクインズサターンは父パイロ、母ケイアイベローナ、その父クロフネという血統。JRA所属時に重賞で5度の馬券圏内の実績がある。南関東からの移籍初戦となったここで、約3年ぶりの勝利を挙げた。

【関連記事】