Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ONEで失神6秒KOが誕生 瞬き厳禁の“一撃決着”に海外興奮「実況が喋る前に終わった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

ONEチャンピオンシップで6秒決着、衝撃のシーンとは

 格闘技「ONEチャンピオンシップ」で瞬殺の6秒KOが生まれた。タイ・バンコクで行われたカピタン・ペッティンディーアカデミーとペッタノン・ペットファーガス(ともにタイ)のキックボクシングルールによる一戦。公式インスタグラムが動画を公開すると、海外ファンから「実況が喋る前に終わった」と興奮した様子のコメントが集まっている。 【動画】「実況が喋る前に終わった」と海外興奮! パンチの衝撃音も凄い…格闘技で生まれた“失神6秒KO”の実際の動画  実績ある選手同士の対戦で起きた。ゴングが鳴った直後だ。グラブでタッチを交わすと、カピタンが左でフェイント。すぐに右拳を振り抜くと、完璧に顔面を捉えた。相手のペッタノンは構えた時には少しにやけたような表情だったが、後頭部からバタンキュー。瞬時にレフェリーが止め、わずか6秒で決着がついた。  ONEチャンピオンシップ公式インスタグラムは「スーパーシリーズ新記録! カピタンが6秒でペッタノンをノックアウト」と動画付きで投稿。海外ファンからは「Wow wow wow アンビリーバブルなニューキング」「実況が喋り始めようとしたらもう終わっていた」「KO……グレート」「クリーンヒット」「まだリズムができていないうちにストレート打ち込まれた」「6秒じゃなくて3秒」とコメントが相次いでいる。  米メディア「TMZスポーツ」も「ONE MMA 凄まじい6秒KOの一撃 …驚異の右!!!」の見出しで記事を掲載。「一人のファイターが凄まじい右で相手をわずか6秒KOした!!!! ONEファイターに契約したばかりの男がさっそくインパクトを残した!」「ペッタノンは自力でリングから去っていったので、ご心配なく」などと説明している。海を越えて衝撃が伝わったようだ。

THE ANSWER編集部

【関連記事】