Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

故藤子Fさんの少年時代に触れる 定塚ギャラリー児童が見学

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

 高岡市定塚小学校の2、3年生ら15人は18日、高岡市出身の漫画家、故藤子・F・不二雄さんゆかりの「定塚ギャラリー」(同市定塚町)を見学し、地元の偉人の少年時代に触れた。  ギャラリーは藤子不二雄ふるさとファンクラブ「F&(A)の会」が運営。藤子さんが少年時代に暮らした家の跡地で、当時の資料や写真などを展示している。  児童は、石黒輝義館長らから説明を受けながら、漫画の複製画やキャラクターのフィギュア、勉強部屋を再現した部屋などを興味深そうに見て回った。3年の平田琉斗君は「ドラえもん以外に知らないキャラクターがたくさんあって驚いた」と話した。  郷土の歴史に理解を深めてもらおうと、定塚校下児童育成クラブが初めて開催。新型コロナウイルス感染防止のため2日間に分けて行い、残りの児童は19日に見学する。

【関連記事】