Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ファイントラックのファーストモデルから見るテント開発とは?

配信

FUNQ

2016年の春、“遊び手が創り手”を標榜するファイントラックが同社初のドームテント「カミナドーム」を発表した。現在はソロモデルから4人用までの3モデルをラインナップするドームテントの開発にあたった、相川創さんにその裏側を聞いた。

発表からおよそ4年。あのテントはどうやって生まれたのか。

高い耐久性と快適さを両立させた2人用4シーズンドームテント。厳冬期用「スノーフライ」やファインポリゴン採用の「ウィンターライナー」などのオプションが豊富なのも魅力的だ。 2004年の創業以来、ファイントラックは驚くような発想で、登山の世界に数々の旋風を巻き起こしてきた。彼らの製品には、いつも素材の新しい提案があり、これまで考えたことがなかったような価値観を提供している。 その最たるものが、デビュー作であり、かいた汗を肌表面から引き離すための耐久撥水アンダーウエア「スキンメッシュ」であろう。その後も、防水透湿コーティングを施すことで結露を大幅に軽減するワンポールシェルター「ポットラック」や「ツエルト」シリーズ、シート状の立体保温性素材を使った寝袋「ポリゴンネスト」などを発表した。

さらに、3年ほど前の2016年春、同社初のドームテント「カミナドーム」も発表している。プロジェクトが始動したのは2014年末。開発を指揮した商品企画課の相川創(そう)さんは、「たしか、その1年ほど前から素材作りも始まっていた」と開発当初の記憶をたどる。 「以前にも、ポットラックというワンポールのシェルターテントを作っていたんです。でも、あれは少しニッチな製品で、今回はだれもが使えるドームテントを作りたいと考えていました。いつも素材開発は、製品化の2~3年くらい前から動いていることが多いのですが、このときも生地の開発が先行して始まっていましたね」 カミナドームは、インナーテントに7デニール (以下D)の超極細糸を使ったリップストップナイロン生地を使用し、フライシートには15D生地をベースにしながら縦糸と横糸にそれぞれに40Dのリップストップ糸を入れたものを採用している。通常の15Dリップストップナイロン生地では、格子状のリップストップの縦糸に15D糸を2~3本ほどに束ねたものを採用するが、40D糸をリップストップの縦糸横糸に入れると、どのような効果があるのだろうか。 「横糸は太い40D糸が入っているけれども、縦糸には15Dのものを2~3本束ねていることがほとんどなんです。でも、そうすると縦方向と横方向の強度的なバランスが崩れてしまうことがある。ポットラックのときはこうした手法でも十分な強度の30Dの生地をベースに使っていたのですが、今回はより軽さを求めてベースに15D生地を採用しました。そのうえでリップストップには、縦横ともに40Dの糸を使うことで強度を高めたんです。 フロアは、少し丈夫な30D糸の生地を採用しています。直接地面に触れるところなので、薄くしすぎるのもよくないと考えていたからです。そういった意味では、いたずらに軽量化を謳ったテントではありません。テントの下に敷くグラウンドシートを使わなくても、一般的には十分な耐久性を確保できるように考えました」 そのうえで、相川さんはナイロンのなかでも通常の「6ナイロン」素材よりも、摩耗強度や引っ張り強度に優れている「66ナイロン」の採用を決めた。 カミナドームは「用途を限定しないテント」として生み出された。 形状は、2本のポールを使ったシンプルなドーム型である。これは“遊び手が創り手”を標榜する彼らが好む沢登りやカヤック、バックカントリースキー、クライミング、さらには夏山の縦走まで、あらゆる用途で使いやすく、強度と重さ、広い居住空間を確保するために一番効率がいい形状であったことが理由だった。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ