Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ランボー ラスト・ブラッド」への道(1) シルヴェスター・スタローン主演・脚本インタビュー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
キネマ旬報WEB

6月26日(金)より公開される人気アクション・シリーズ最新作「ランボー ラスト・ブラッド」の連続企画。第1回は、主演・脚本のシルヴェスター・スタローンのインタビューをお届けしよう。

ランボーを人間として、 戦争を戦争として描くこと

1982年に第1作「ランボー」を発表し、人気アクションスターとしての地位を確立。以来、 同シリーズに主演・脚本として関わり続けてきたシルヴェスター・スタローン(第4作「最後の戦場」は監督も)。前作から約10年、73歳のいぶし銀の肉体を奮い立たせ、再び同役に挑んだ彼が作品に込めた思いとは。記念すべき第1作にまつわる秘話も語ってくれた。

穏やかになったランボー

シルヴェスター・スタローンは、「ランボー ラスト・ブラッド」について、そう語る。それは今作の冒頭からも明らかだ。ランボーは、 亡き父が残したアリゾナの家に、昔からの友達マリア、彼女の孫娘ガブリエラと暮らして いる。その“疑似家族”は心地よく、彼は穏 やかで優しくなった。だがある日、ガブリエ ラは、ずっと連絡が取れなかった実の父の居所がわかったと、勝手にメキシコに戻ってしまう。彼女を待ち受けていたのは、大きな悲劇。ガブリエラを救うため、ランボーもひとり、国境を越えて南に向かう……。 「以前の彼は、自分以外の誰にも興味を持てない人間だった。猫ですら可愛いとは思わない。 ペットを飼うこともありえない。心は完全に内向き。でも、今の彼は、ガブリエルのことを実の娘のように気にかけている。外の世界は危ないよ、気をつけなさいと、僕自身が僕の娘に対して思うのと同じことを伝えようとする。 だが、その愛する存在は、突然にして奪われてしまった。彼の中にあったものは、全部もぎとられてしまった。そうなった彼はもはや人間ではない。ひたすら原始的な怒りに燃えるだけだ」 その“原始的な怒り”を、スタローンは容赦なく描く。ヴァイオレンスを躊躇しなかった理由について、彼はこう語る。 「ハリウッド流のフェイクな恐怖にしたくなかったからさ。本物の警察官が現場で遭遇す ることは、アクション映画で見るものより、 ずっと、ずっと残酷。銃で顔を撃たれた同僚の顔を見たりするんだ。僕は戦いというものがどれほど恐ろしいのかを見せたかった。人がなぜそのトラウマを忘れられないのかを伝 えたいんだよ。それが観客にとって辛すぎるかもしれないと認識はしている。でも、『ランボー』を見にくる人なら、覚悟しているのではないかな。たった一発の弾丸で人が死ぬようなシーンがよく映画に出てくるが、実際には9発は必要なんだよ。死ぬまいともがいている相手を殺すのは簡単じゃない。僕は戦争を戦争として描いたまで」

【関連記事】