Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

松本まりか、田中圭の恋人役 怒とうの学園サスペンス『先生を消す方程式。』

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 女優の松本まりかが、テレビ朝日系で31日スタートの土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』(毎週土曜 後11:00~11:30)に、田中圭が演じる主人公・義澤経男(よしざわ・つねお)の恋人であり、同じく高校教師を職業とする前野静(まえの・しずか)役で出演することが明らかになった。松本は「デートの場面では思いっきり“甘々”のやりとりをします(笑)」と語り、緊張感が漂う物語の中、恋人たちのやりとりがほっと一息つくようなシーンになることを明言している。 【写真】主人公・義澤経男役の田中圭  同ドラマは、鈴木おさむ氏によるオリジナル脚本の学園サスペンス。田中演じる“恐怖の進学校教師”が高IQ生徒たちに命を狙われるというセンセーショナルな物語が繰り広げられる。  義澤が赴任する3年D組は、親の権力を笠に着てクラスを牛耳る生徒たちが、ほかの生徒たちに命じて教師を追い詰め、壊れていく姿をゲームに興じるかのごとく楽しんできたクラス。そんな戦慄の教室で、義澤は強烈な笑顔を浮かべながら生徒を“指導”していくのだが、静といるときはまったくの別人のよう。心の底から無邪気に笑い、恋人同士の穏やかで優しい会話を楽しむ。  しかし、義澤には生徒からの魔の手が迫り…。義澤はもちろん、静も無事でいられるのか…!? まさか、彼女の身にも危険が…!? 彼女が義澤と生徒たちの壮絶なバトルにどう関わっていくのか、気になるところだ。  松本が鈴木氏脚本の連続ドラマに出演するのは、『奪い愛、夏』(2019年、ABEMA)に続いて2作目。松本は本作の脚本に「普通ならクライマックスまで引っ張ってもおかしくない展開を、ドラマが始まってすぐ出してしまうのは衝撃。鈴木おさむさんの中にはまだまだたくさんの “手札”があるんだと思います」と、すっかり引き込まれている。土曜ナイトドラマ枠への出演は、夏クール放送の『妖怪シェアハウス』から2作連続となり、さらなる意欲を燃やしている。  確かな演技力でキャラクターに厚みを加え、“怪演系女優”“憑依型女優”の名をほしいままにしてきた松本。本作でもまたまた新たな“女優・松本まりか”の姿を見せてくれるに違いない。

【関連記事】