Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

パク・チニョン(J.Y. Park)、「When We Disco(Duet with ソンミ)」MV、13時間で161万回再生…今日音源発売

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WoW!Korea

パク・チニョンが音源発表日前にリリースした新曲「When We Disco(Duet with ソンミ)」MVが公開13時間でYouTubeの再生回数161万回を記録して熱い人気を集めている。 パク・チニョンのプロフィールと写真 11日午後6時、公開されたこのMVは、急な人気上昇の勢いを証明している。また、これを見たファンから「やはりパク・チニョン」、「パク・チニョンは最高峰」、「中毒最高、無限ループ」など好評を得て「レトロ皇帝」パク・チニョンの評判を再び披露している。 MVは一度だけ聞いても耳にしっかりフィットする、楽しいディスコリズムに楽しさと反転までしっかり手にした。 歌謡界最高の「ダンシング・キング」、「ダンシングクイーン」と呼ばれるパク・チニョン、ソンミが出演して、彼らの長い縁のように粘着性があるケミストリーを発散した。 節体を動かすようにする華麗なステップと涼しく爽やか伸びる手の動きと完全呼吸を誇るカップルダンスまで。真夏の暑さを忘れて、エキサイティングなディスコのリズムに身を任せてられる。 華やかなディスコパーティーだけではなく、MVのあちこちに登場するパク・チニョンの表情演技と体を惜しまない熱演も人目を引く見どころだ。 また、パク・チニョンと一緒に、1990年代の歌謡界をさらったクロン出身DJ Kooがサプライズ登場してドラマチックな演出に力を加えた。 DJ Kooは「連絡を受け、本当にたくさん昔の事を思い出した。クラブを背景に撮影されたシーンに登場したが、20代の時パク・チニョンとクラブで会って近所を歩き回った思い出を浮かべて楽しく撮影した」と出演所感を伝えた。 一方、「TWICE」は、YouTubeにMVリアクション映像を公開し楽しさを倍増させた。 ナヨン、サナ、ダヒョンは「歌が本当に中毒性がある」、「真似したい振り付け」、「MVが一本の映画のようだ」など陽気な反応と感心を表わし、今回のカムバックを応援した。 11日のMVに続いて12日午後6時に音源公開される「When We Disco(Duet with ソンミ)」は、パク・チニョンの天才的音楽性の時代の流れが絶妙合致したユーロディスコダンスソング。 最近の文化界を席巻している1990年代の感性や香りを精一杯感じることができ、ディスコの長所である楽しいリズムと中毒性の強いメロディーまで加わって繰り返し再生を刺激する。ここでシンガーソングライター兼最高のダンサーであるパク・チニョンが得意とする洗練された振付が加味されて完璧な歌が誕生した。 音楽の「ミューズ」の選択はやはり優れた評価を受けている。パク・チニョンは自身が製作した「Wonder Girls」の「Tell Me」、「So Hot」、「Nobody」を介してレトロブームを巻き起こしてきたソンミと手を握ってぴったりの相性を誇った。 彼はある日の夜MBC芸能番組「ラジオスター」のシグナル音楽家Modern Talkingの「Brother Louie」に注目し、ここでインスピレーションを受けてわずか数時間で新曲を完成した。ユーロディスコに使われた楽器を使用して、80年代の音響機器で録音を進めレトロサウンドを実現しました。 指で空を突き骨盤を横に振った振り付けは中学時代、自分が友達と踊ったダンスを直接構想した。 パク・チニョンの新しい歌「When We Disco(Duet with ソンミ)」の音源は12日(水)午後6時正式発売される。続いて、この日の夜、新曲の創作にインスピレーションを吹き込んだ放送番組MBC「ラジオスター」に出演して話術を誇示してカムバックD-DAYを華やかに飾る。

Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp

【関連記事】