Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

名エンジン「4G63」はランエボ専用じゃなかった! 意外と知られていない搭載車3選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

ランエボの元祖ともいえるセダン

 2016年に生産終了を終了して4年が経過しようとしているが、未だに多くのファンと新型の登場を望む声が絶えない三菱 ランサーエボリューション。そんな名車ランエボに、最終型のXを除きすべての代に搭載されていたのが、いわずと知れた4G63型エンジンである。 【写真】歴史に残る国産エンジン搭載車5台!  初代ランエボでは250馬力だったが、最終的には当時の自主規制値いっぱいの280馬力に達し、イギリスではFQ-360と呼ばれる360馬力オーバーのモデルがディーラーで販売されるほどの高いポテンシャルを誇っていた。  しかし、じつは4G63型エンジンを搭載したモデルはランエボだけに留まらず、他の多くのモデルにも搭載されていたのだ。今回はそんな4G63型エンジン搭載車を振り返ってみよう。

1)ギャラン(6代目)

 ランエボ登場以前にWRCに挑戦していたのが、6代目ギャランVR-4だ。そもそもランエボ自体がギャランVR-4のエンジンと4WDシステムをよりコンパクトなランサーに搭載したものであり、ギャランに搭載されていたのは当然とも言える。  当初は205馬力だったエンジンだが、改良が重ねられ最終的には240馬力を発生するまでに進化。ギャランVR-4自体もWRCで勝利を手にしている。  なお、日本では販売されなかったが、2代目のランサーにも4G63型ターボエンジンを搭載したモデルが存在しており、ある意味ではランエボの元祖といえるかもしれない。

2)シャリオ/RVR

 初代日産プレーリーとともに、国産ミニバンの元祖とも称されるシャリオ。91年には2代目へとフルモデルチェンジを果たすが、モデル途中の95年に突如、リゾートランナーGTという4G63ターボ&4WDを搭載したモデルを追加。  最高出力こそ230馬力(5速MT車/AT車は220馬力)とランエボよりも落とされていたが、3列7人乗りの車両としては異例のパフォーマンスを誇るモデルとして、コアなファンを喜ばせた。  そして、このシャリオをベースにショートホイールベース化をしていわゆるクロスオーバーSUV風に仕上げたのがRVRで、こちらもモデル途中で4G63ターボエンジン搭載グレードが追加されている。  なお、シャリオはフルモデルチェンジで4G63ターボは廃止されたが、RVRは2代目にも継続搭載され、パワーも250馬力(MT車)に向上していた。

【関連記事】