Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【Interview】大森征之(名古屋グランパスSD)―貫く。攻守一体の攻撃サッカーを実現する3年計画の全貌―

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フットボールチャンネル

血の入れ替えはなぜ必要だったのか?

【Interview】大森征之(名古屋グランパスSD)―貫く。攻守一体の攻撃サッカーを実現する3年計画の全貌―

名古屋グランパスでスポーツダイレクターとして様々な改革を行っている大森征之。【写真:黒川真衣】

 風間監督の招聘、J2に降格したチームの大胆な刷新と、就任以降、様々な改革に着手してきた大森征之スポーツダイレクター(SD)。大幅な血の入れ替えは、ときに批判にさらされることもあったが、昇格1年目の昨季、最下位に低迷していたなかでも、現場を支え、ブレずに強化を推し進めた。選手として卓越した戦術眼を備えていた理論派は、どのようなビジョンでチームを再建したのか。強くて魅力あるサッカーを追求する名古屋の核心に迫る。(文:木村元彦 2019年5月発売『フットボール批評24』を転載) ■プロフィール 大森征之(おおもり・まさゆき) 1976年11月9日生まれ、埼玉県出身。1996年に鳥栖フューチャーズに加入し、1998年から2008年まで11年間、名古屋グランパスでプレー。現役時のポジションはおもにMF。2016年にチーム統括部強化・補強担当に就任し、その後スポーツダイレクターとなる。

本文:7,775文字

写真:4
  • 風間監督の指導に触れ、サッカー観が変わったという米本は、加入以降、「止める・蹴る」を徹底的に追求している。【写真:J.LEAGUE PHOTO】
  • 就任以降、高い技術を求め、ブレずにチーム作りを進めてきた風間監督。【写真:Getty Images】
  • 昨季、残留争いを繰り広げる中でも熱い声援を送り続けた名古屋のファミリー。【写真:J.LEAGUE PHOTO】

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

フットボールチャンネル編集部

フットボールチャンネルの有料記事

PayPay残高使えます