Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

関ジャニ安田「生き抜いて未来を勝ち取ってやりませんか?」自身も開頭手術で『つらい』オモイ経験…メンバーと共に高校球児にエール

配信

中日スポーツ

 アイドルグループ「関ジャニ∞」が25日、ジャニーズ事務所の公式ユーチューブチャンネルで「Smile Up! Project~いま伝えたいオモイ~」の動画を配信。2014年のテレビ朝日系「熱闘甲子園」のテーマソング「オモイダマ」をメンバー5人がリモートで熱唱し、全国の高校球児にエールを送った。  新型コロナウイルスの感染拡大により、高校野球は史上初の春夏連続中止となってしまった。甲子園を目指し、野球に青春をささげてきた球児たちの無念さをおもんぱかりながら、安田章大(35)が画面に向かって語りかけた。  「『弱っているときは強がらなくていいよ。しんどいときは、しんどくていいよ』って、関ジャニ∞のファンの皆さんが教えてくれたんです。今は皆さんもしんどいときはしんどいと思います。だって、しんどいですもんね。『つらい』をしっかり感じた後に、また新しく明るい未来に向かっていく一歩を、半歩でもいいからゆっくり歩んでくれたらと思います」  自身も脳腫瘍の一つである「髄膜腫(ずいまくしゅ)」を患い、3年前に開頭手術を受けた。今でも色つきの眼鏡をしないと日常生活に支障が出る。それでも、芸能活動を続けている理由は、たくさんの人に支えられながら「生きる力」を受け取っているからだという。  安田は「生き抜いて未来を勝ち取ってやりませんか? 一緒にこの先も旅しませんか? 頑張りましょう。小さな幸せを見つけて歩みましょう」と呼び掛けた。

【関連記事】