Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

≪韓国ドラマNOW≫「グッド・キャスティング」10話、チェ・ガンヒ、ユ・イニョンの裏切りの中で最後の作戦突入「一か八かの終盤! 」

配信

WoW!Korea

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。 26日に放送されたSBS月火ドラマ「グッド・キャスティング」で最後の作戦に突入した。 グッド・キャスティングのプロフィールと写真 この日ペク・チャンミ(チェ・ガンヒ)は、要員のファン・ミスン(キム・ジヨン)とイム・イェウン(ユ・イニョン)を召喚した。作戦終了にもかかわらず会議をすることに不満をぶつけるチャンミは、「3年前のようにマイケルを捕まえられずに終われない。何が怖いのか」と述べた。むやみに動けないというミスンにチャンミは、「私が一度だけ助けてくれとお願いしても? この日が私にとってどれほど重要なのか知らないのか」と目頭を赤くした。 それにもかかわらずイェウンは、自分の娘を脅迫する黒い影に電話をかけ、「ペク・チャンミ要員が明日帳簿を盗むんですって」と、情報を漏らし裏切りを選択した。 これを知らないチャンミは、翌日トン・グァンス(イ・ジョンヒョク)を訪ねてメン・ケチョル(ウヒョン)の帳簿を奪おうと述べた。グァンスは、「今回の機会を逃したらマイケルを捕まえるチャンスはない。失敗の確率50%以上、犯罪者になって獄中生活になるかもしれない」と心配した。チャンミは、「別の機会は必要がない。今回は無条件にやり遂げる、私は獄中生活体質だから大丈夫」とした。 グァンスは、「国家情報院で君の人生を完全に削除することができる」としたがチャンミは、「ソ局長が行こうが私が行こうが一か八か」と自信を見せた。グァンスも、「そうか土壇場でやってみよう! 」と最後のアプローチを試みた。 グァンスは、すぐにミスンとイェウンにも「仕方なくアナログで行く」と作戦を伝えた。チャンミとも作戦を繰り広げた。チャンミは帳簿を手に入れるために、様々なアプローチを試みた。いつでも出し入れができるセンサーを盗まなければならないという結論を出し、チャンミは彼のアクセサリーの中でどこにかかっているのか悩んだ。

Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp

【関連記事】