Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

普通のサラリーマンが40代でセミリタイアするための「3ステップ投資法:節約→株→不動産」を解説!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

あなたは「FIRE」という単語をご存知ですか?  FIREとは近年アメリカで流行している概念で、生活費の節約と収入の多様化、投資を活用することで、できるだけ若いうちにフルタイムの仕事をリタイアして、自分が心から望んでいる人生を送ろうというライフスタイルのことを指します。 Financial IndependenceとRetire Earlyの頭文字からFIREと呼ばれており、日本でも『本気でFIREをめざす人のための資産形成入門』などをはじめとして、FIRE関連の書籍が多数出版されています。 日本全体にFIREという概念が浸透しているかと言われればまだだとは思いますが、9時~18時のフルタイム労働を卒業し、自由なライフスタイルを若いうちに謳歌したい! と考える人はこれからどんどん増えてくるはずです。それに伴って、日本でも“FIREムーヴメント”が到来する時代も近いのではないかと思います。 そこで本稿では、どのようにすれば40歳までにセミリタイアができるのか?  20代、30代をどのように過ごせば良いのか? について、具体的な戦略をお伝えしていきたいと思います。

そもそもセミリタイアとはどのような状態のことを指すのか?

まずは、大前提として「セミリタイア」とはどのような状態のことを指すのか? について解説していきたいと思います。 セミリタイアのイメージとしては、下記5点が挙げられます。 1. お金の不安がない 2. 嫌な仕事から開放される 3. 好きな時に休める 4. 住むところが自由に選べる 5. 毎日好きなことだけをして過ごす 以下、この5点について1つずつ見ていきましょう。  1. お金の不安がない セミリタイアの1つ目のポイントは、「お金の不安がない」ということです。 これは簡単に言えば、「お金を使いたい時にいつでも使える」ということです。 毎日毎日、僕らはお金のことを考えて生きているわけですが、セミリタイアをすれば毎日の生活費、お金のことを考える必要がなくなります。お金の不安から解放されるというのは、セミリタイアをする最大のメリットと言えるでしょう。  2. 嫌な仕事から開放される セミリタイアの2つ目のポイントは、「嫌な仕事から解放される」ということです。 サラリーマンであれば、上司から命令された仕事を断るというのはなかなかできないことだと思います。会社員である以上、仕事を選り好みすることは許されません。 しかし、セミリタイアをすれば給料を気にすることなく自分の好きな仕事を選び放題です。「嫌な仕事から解放される」というのは大きなメリットでしょう。  3. 好きな時に休める セミリタイアの3つ目のポイントは、「好きな時に休める」ということです。 会社員であれば出社時間や退社時間が明確に決められている会社が多いと思いますが、セミリタイアをしてしまえば全てが自分の自由ですので、いつでも好きな時に休み、遊ぶことができます。 このように、時間を自由にできるというのも大きなメリットでしょう。  4. 住むところが自由に選べる セミリタイアの4つ目のポイントは、「住むところを自由に選べる」ということです。 仕事を自由に選べるわけですから、勤務先によって居住地を縛られることはありません。もちろん、転勤を強制されることもありません。 セミリタイアすれば時間を獲得することができると同時に、移動や居住の自由をも獲得することができるのです。  5. 毎日好きなことだけをして過ごす セミリタイアの5つ目のポイントは、「毎日好きなことをして過ごすことができる」ということです。 これは毎日遊んで暮らすという意味とは少し異なり、自分が本当にやりたいこと、本当に自己実現したいことができるということです。 会社に縛られたままだと、好きでもない仕事を嫌々やらされることも多いですから、自分の本当にやりたいことを実現できるというのは大きなメリットでしょう。

【関連記事】

最終更新:
LIMO