Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ終息願い護摩焚き 小矢部・観音寺

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

 小矢部市の石動駅前商店街の活性化を目指すNPO法人「石動まっちゃプロジェクト」(理事長・田悟謙三北日本新聞小矢部西部販売店主)は14日、同市観音町の観音寺で「おやべ元気回復祈祷(きとう)祭-お願いアマビエ様」を行い、護摩焚(ごまた)きと和太鼓の奉納演奏で新型コロナウイルスの終息を願った。  大野智照副住職が護摩を焚き、同NPOスタッフが疫病退散に御利益があるとされる妖怪アマビエを食用インクで描いたせんべいとマスクを参拝者に配った。  田悟理事長が「この催しをきっかけに自粛ムードから少しずつ日常生活を取り戻し経済を回したい」とあいさつした。同市下後亟地区の越中源氏太鼓保存会が「矢合(あわせ)」「合戦」など4曲を力強く演奏した。  石動まっちゃプロジェクトは第4弾の活動として20日午後4~6時、同市石動町の廻向寺でビアガーデンやチンドン演奏のイベントを開く。

【関連記事】