Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

この謎のドライバーはなんだ!? 情報ゼロのニューモデル(?)の性能を予想する

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

USGA(全米ゴルフ協会)のドライバー適合リストにスリクソンのニューモデルと思われる“謎のドライバー”がリストオンされた。果たしてその正体は……?

USGAのドライバー適合リストは、“そこに載らないとルール上使用が認められない”という公的なリスト。たとえプロトタイプであってもリストオンしていなければ試合で使うことができないため、契約プロを抱えるメーカーの場合、発売や発表の前の段階からリストに載せ、契約プロに試合でテストしてもらうケースが多い。 なにか新モデルがリストオンされてないかとそのリストをウォッチしていたところ、見つかったのがスリクソンのニューモデルと思しきドライバーだ。

スリクソンといえばダンロップのアスリートライン。昨年の全英オープンをシェーン・ローリーが「スリクソンZ585ドライバー」、そして「Z585」と「Z785」のコンボアイアンで制するなど、メジャーにまで手が届いている海外でも高く評価されるブランドだ。 リリース前のクラブに関する情報はメーカーに聞いても一切教えてもらえないため、今回リストに載っていることがわかったモデルに関しては、名称も含めてすべて編集部の推測に過ぎないことをお断りして続けると、ソールには「ZX5」「ZX7」という商品名と思しきデザインが施されている。 スリクソンの現行モデルは「Z585」と「Z785」の2モデル。「ZX5」と「ZX7」は、それぞれの後継機なのかもしれない。 これは主観が入ってしまうが、ソールデザインはメカ感があってかなり凝っており、非常にカッコいい。モノクロの写真からは想像することしかできないが、スリクソンのイメージカラーである赤と黒が(イメージカラーの変更という大変化がない限り)組み合わされているであろうデザインは、ゴルファー心をくすぐりそうだ。 ZX5とZX7の外見から読み取れる違いはウェートの位置の違い。ZX5が後方にひとつだけなのに対し、ZX7はソール後方のトウ側、ヒール側それぞれにウェートが配されている。ソールは両モデルともワイドであるように見えることから、従来よりも慣性モーメントの高い設計となっているかもしれない。

【関連記事】