Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

渋野日向子もやっている「チャーシューメーン」のリズムはなにがいい? どこが「チャー」でどこが「シュー」か知ってる?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

米女子ツアー2戦目「カンビアポートランドクラシック」の2日目にバーディチャンスを量産した渋野日向子。好調の要因は「チャーシューメン」と心の中で言いながらリズムを考えていたという。プロゴルファー・中村修がリズムをキープする「チャーシューメン」のメリットを解説。 渋野日向子のドライバー連続写真はコチラから

心の中で唱えることで、リズムを一定に保つことができる

「カンビアポートランドクラシック」の2日目にバーディチャンスを量産し「今季一番のゴルフができた」と話した渋野日向子選手。 「今週はリズムをすごく考えて打っていて、口には出さないですけど心の中で”チャーシューメン”と言いながら36ホール回っていたので、それがマッチしてくれたのが本当に良かったですね」とコメント。以前から「チャーシューメン」のリズムで練習していたそうですが、このリズムに関して、青木翔コーチから以前、重要なポイントを教えてもらいました。 それは、正しくは「チャーシューメン」ではなく「チャーシューメーン」だということです。「メン」と「メーン」でどう違うのでしょうか? スウィングを「チャー」と「シュー」と「メーン」の三つに分けて、詳しく解説していきます。 そもそも、チャーシューメンのリズムとはどのようなものでしょうか。「チャー」でクラブが動き始め「シュー」でトップ、「メーン」でインパクトと思っている人が多いと思いますが、渋野日向子選手の場合は実は違います。 「チャー」ではクラブは動かずに「シュー」で動き始めます。では「チャー」で何をしているかというと、手元をターゲット方向に少し動かすフォワードプレスや足踏みをしたりする、いわゆる始動するための反動をつける予備動作を「チャー」で行っているのです。 足裏の圧力を測る機械で計測したデータを見ると、どのプロゴルファーもクラブが動き始める前に左足に圧力がかかっていることが確認できます。画像Aをよく見てみると、ほとんど同じ写真に見えますが、右のほうがほんのわずかですが態勢が低くなりクラブが動き始める前の予備動作に入っていることが確認できます。 そして肝心のリズムは足で作っていると青木翔コーチ。渋野選手の場合は、意識はしていないものの足を左右に地面を踏み込むような動作でタイミングを取りながら「チャー」で始動前の反動を作っています。

【関連記事】