Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自動運転の大型バス、遠隔監視・操作による日本初の営業運行を10月に実施

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
くるくら

車内外に遠隔監視用のカメラなども装備した相鉄バスの自動運転大型バス

 自動運転車両は、相鉄バスが所有する日野製の大型バス「ブルーリボン ハイブリッド 2SG-HL2ANBP 改」だ。センサーは、位置測定用および障害物認識用のレーザーセンサー、信号認識などに用いる全方位カメラ、位置測定用のGPS(GNSS)受信機などが備え付けられている。  遠隔監視・操作する際に、運転士が運転席から運転する場合と同様の環境を得られるよう、車内外に一部マイク付きの遠隔監視カメラが追加され、また遠隔監視スピーカーも車外に装備された。車内外の安全確認や、乗客もしくはバス停の乗車待ちの人たちなどへの呼びかけを行えるようになっている。  一方の遠隔監視・操作システムは、バスに装備された遠隔監視カメラからの映像を表示するモニター、遠隔操作用タッチパネル、そして必要が生じたときに運転するための遠隔操作用コントローラ、そして遠隔音声ヘッドセットの組み合わせとなっている。  相鉄バス、群馬大学、日本モビリティ、横浜市経済局の4者は、今後もさまざまな実証実験を通じて自動運転に関する社会受容性を向上させると共に、公共交通機関網強化の可能性を検証し、自動運転レベル4による営業運転を目指すとしている。

文・神林 良輔

【関連記事】