Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドラゴンズこの半世紀のキーパーソン!それは “燃える男” “闘将” 星野仙一

配信

CBCテレビ

新型コロナウイルスの影響でシーズン開幕が待たれる中、球団創設84年目を迎えた中日ドラゴンズの1970年代から現在までの歳月を、年代別に論説コラムのシリーズでふり返る機会があった。あらためて俯瞰的に見ると、この半世紀の球団史を語る上で、外すことができないひとりの人物が浮かび上がってきた。 現役時代は“燃える男”、監督時代は“闘将”と呼ばれた故・星野仙一である。(敬称略)

ロッテとの縁を手繰り寄せたエース星野

与那嶺要監督に率いられて、宿敵・讀賣ジャイアンツの10連覇を阻止して20年ぶりのリーグ優勝を果たした1974年、日本シリーズの相手は金田正一監督率いるロッテ・オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)だった。第1戦をチームリーダーだった高木守道のサヨナラ2ベースで勝つと、第3戦も谷沢健一の活躍で勝利。勝ち星先行で日本一に近づきながらも、第4戦で高木の骨折という不幸なアクシデントもあり、結果は2勝4敗で金田ロッテに敗れたのだった。日本シリーズではリリーフ役だったが、この年のシーズン15勝9敗10セーブと、先発に抑えにと大車輪の活躍だったのが背番号「20」エース星野仙一だった。沢村賞も受賞している。ロッテというチームとの頂上決戦を実現した主役のひとりが星野だった。この「星野仙一」と「ロッテ・オリオンズ」という因縁が、すでにこの年に芽吹いていた。

落合獲得から将来の“黄金時代”へ

引退後、野球解説者として活躍していた星野がドラゴンズの監督に就任したのは1986年シーズンオフ。39歳の青年監督だった。そして球史に残る大型トレードを断行した。相手はロッテ・オリオンズだった。三冠王を3度取った稀代のスラッガー落合博満の獲得である。こうして落合はドラゴンズとの縁を結んだ。星野新監督による、このトレードがなかったら、その17年後の2003年シーズンオフに“落合ドラゴンズ監督”は誕生しなかったであろう、ほぼ100%近い確率において。 当時、讀賣ジャイアンツが落合獲得に動き出した時に、ファンの人気も高かったリリーフエース牛島和彦ら4選手を見返りにしてまでも落合を獲得した星野。この時に将来“落合ドラゴンズ監督”が実現するとは、星野自身も予想だにしなかったであろう。これもほぼ100%近い確率において。 やがて落合は監督としてリーグ優勝4回、クライマックスシリーズからの日本一1回という、竜の“黄金時代”を築く。その間の2010年に、リーグ優勝そして日本一という“完全優勝”を阻んだのも千葉ロッテマリーンズだったという因縁も印象深い。

【関連記事】