Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アイドル・森川美穂は今、大学教授 歌手活動とベストアルバム

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

 森川美穂さんは1968年、大阪出身。女性アイドル歌手花盛りの1985年にシングル「教室」でデビュー。ずば抜けた歌唱力で数々のヒット曲を生み出し、実力派ボーカリストとして音楽活動を続けている。デビュー当時の話、そして今の活動についてうかがう。 ◆「アイドル」としてデビュー ――デビューした当時のアイドル界って、どんな世界だったんでしょうか? 私が所属していたヤマハという事務所はシンガーソングライターが多く、アイドルに関してはスタッフも含めて手探りの状態だったんです。私自身、アイドル歌手に憧れて歌を始めたわけでもなく……。ただ、キャンペーンで全国各地のラジオ公開生放送などに出演し、そこで同期のアイドルの人たちと共演することはありました。歌手である本人たちは、自分の与えられた仕事をこなすのみ、という感じ。今のように、身近にいる、握手できる、っていうことは本当になかったですね。 ――会いに行けるのではなく、ステージの上だけの憧れの存在だったと。 そうですね。「アイドルはこんなことを言ってはいけない」という暗黙のルールもありました。あるイベントで、アイドルの人たちと一緒に大きな楽屋にいたとき、マネージャーから「こういう質問が来るから、こういう風に答えてね」と指示されている人を目撃したことも。私の事務所は本当に手探り状態だったので、そういう質問に対する答えを事務所が準備しなきゃいけない、ということも分かっていませんでした。だから私は言いたい放題(笑)。イベントの度に血液型を聞かれて「面倒くさいなぁ」などと普通に言っていましたから(笑)。 ――当時そういう世界だったからこそ、森川さんの素直な、ざっくばらんな感じが目立ったのかもしれないですね。デビュー当時は高校生で、まもなく名古屋のラジオ局で冠番組『森川美穂の青春放送局』がスタート。マイクの前で話すのは、難しくなかったんですか? 私、おしゃべりが本当に苦手だったんです。今もスイッチが入らないとしゃべらない(笑)。だから当時、収録ではベテランの放送作家の方が私の前に座り、ネタをどんどん振ってくれました。それに対して「自分がどういうふうに思ったかだけを話しなさい」って言ってくださって。「何でもやっていいよ、どんなこと言ってもいいよ。あとから編集できるから」と。番組は5年間続いたのですが、私はしゃべることに関しては何の努力もしていないんです。周りの方のおかげですね。本当にたくさんのことを学ばせてもらいました。 ――ラジオの良さってどんなところでしょうか? リスナーの方は、話す人の声やしゃべり方で「こんな人なんじゃないか」と想像するわけですよね。私、この想像することが素晴らしいと思うんです。ラジオは姿が見えません。だからこそ、「放送を聴いてくださっている方がたくさんいる」とこちらも想像力を働かせて、自分の思っていることを伝えるんです。私はラジオが一番好きかもしれないですね。 ◆「本物の歌手」を目指して ――1990年にはテレビアニメ「ふしぎの海のナディア」の主題歌「ブルーウォーター」が大ヒットしました。この素晴らしい歌唱力は、どうやって身につけたんですか? 私、全然うまくないですよ。「歌がうまい定義」って何でしょう? 声量がある、音程がきちんとしている、リズム感がいい、などいろいろな要素はありますが、聴く人の感性によると思うんです。だから、私は歌が上手と思ったことは一度もなくて。デビューしたとき、アイドルというカテゴリーに入れられていたので、どうやったら大人の歌手として認めてもらえるんだろう、そのためには聴く人に「あ、この人本当にうまい」って思われるように実力をつけなくちゃ、と常に考えていましたね。 ――理想に向かって努力を続けられたんですね。2001年、蜷川幸雄演出のミュージカル「三文オペラ」に出演。2004年には劇団四季の「アイーダ」の主役・アムネリスを演じられました。ミュージカルやライブで歌う活動、ナレーションのお仕事も幅広く活動されていますが、芸能界のお仕事、歌手活動の魅力はどんなところにありますか? 歌には歌詞があって、その一つひとつにドラマがあると思うんです。ここ6年ほどカバーライブをやっていまして、60、70年代と、私が子どもの頃に聴いてきた歌謡曲を歌っています。そこでいつも感じるのが「歌を通して旅ができる」ということ。歌を聴いてくださるお客様が一緒に旅をして、一緒に夢を見てくれる。例えば恋の歌があったり、愛の歌があったり。それも自分が経験したことのないほど重い恋愛であっても、自分が歌いながらさも経験していくような気持ちになれる。そういう楽しさが歌にはあると思います。 ――2007年から、大阪芸術大学演奏学科の教授をされているんですよね。やはり歌を教えているんですか? はい。生徒一人ひとりに個性がありますし、体の大きさも違えば、好きな音楽のジャンルも違います。なので、本人が何を目指しているのかを一番大切に、生徒によって全く異なる授業をしています。 ◆35年を振り返るベストアルバム ――7月15日に発売されたベストアルバム「森川美穂VERY BEST SONGS 35」はどんなアルバムなんですか? 1985年7月21日にデビューして、今年で歌手活動が35年になりました。そこで、35曲入りのベストアルバムをリリースしました。 ――1991年のアニメ『らんま1/2熱闘編』のエンディング曲「POSITIVE」、テレビの人気バラエティ番組『夢がMORI MORI』のテーマソング「恋していれば大丈夫」など代表的なシングルが収録されています。森川さんのファンはもちろん、その時代に森川さんに触れてきたすべての人が楽しめるアルバムです。早速アルバムを買った方からはどんな反応が届いていますか? 青春時代を一緒に過ごしてきた方たちが多いので、「当時のことを思い出します」「あの時の自分に戻ったりします」という声をいただいています。 ――今後予定されている楽しみなイベントもあるんですよね。 はい。初めて配信ライブをさせていただきます。8月23日、オンラインで「ひとり夏フェス・森川美穂VERY BEST SONGS 35発売記念」ということで、一人で35曲を歌います。ピアノも入れようかなと考えているんですが、なんとゲストでBARBEE BOYSのギタリスト・いまみちともたかさんが来て下さることになりました。ぜひ、たくさんの方に楽しんでいただきたいと思います。 ※ラジオ関西『PUSH!』2020年7月29日放送回より 【CD情報】 「森川美穂VERY BEST SONGS 35」 発売日 2020年7月15日 価格 ¥3,200+税 商品番号 YCCU-10052~53

ラジオ関西

【関連記事】