Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

グラミー賞の主要部門を独占したクリストファー・クロスのデビューアルバム『南から来た男』

配信

OKMusic

1981年のグラミー賞授賞式で起こったことは未だに覚えている。それぐらい衝撃的であった。経歴や顔すら分からない新人が、最優秀アルバム賞、最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀新人賞の主要4部門を含む5部門を受賞したのである。その新人というのが今回紹介するクリストファー・クロス。彼のデビューアルバム『南から来た男(原題:Christopher Cross)』は79年にリリースされ、ジャケットはフラミンゴのイラストが描かれているだけのシンプルなもので、バイオグラフィーもレコード会社の思惑でほとんど紹介されなかった。その前年、日本では映画『サタデー・ナイト・フィーバー』が公開され大ヒット、世界中でディスコ音楽が大流行しており、ディスコと縁のないポピュラー音楽ファンは不遇の時代を味わっていたのだが、そこに彗星の如く登場したのが『南から来た男』で、本作はAOR系サウンドの傑作だと言える。

ウエストコーストの香りがするAOR作品

1976年にリリースされたボズ・スキャッグスの『シルク・ディグリーズ』は、アメリカ西海岸産のロックとフュージョン系サウンドが合体した本格的なAOR作品として、大人になったロック少年たちから大いに評価された。バックを務めたのはジェフ・ポーカロ、デビッド・ハンゲイト、デビッド・ペイチ、スティーブ・ルカサーら、この後にトトを結成することになるスタジオミュージシャンの面々であった。その翌年にリリースされたスティーリー・ダンの『彩(原題:Aja)』は、チャック・レイニー、スティーブ・ガッド、ラリー・カールトン、トム・スコット、リー・リトナーら、これまた一流の面子が参加しており、『シルク・ディグリーズ』と比べるとフュージョンの要素が濃い仕上がりとなっていた。 70年代中頃から終わり頃にかけてのアメリカのロックは、リスナーが成長するのに合わせてアダルト化が進んでおり、多くのロックアーティストたちが上記の2作に影響された作風のアルバムを制作していたように思う。70年代前半に一世を風靡したジャクソン・ブラウンやリンダ・ロンシュタットらのような西海岸のシンガーソングライターたちも、シンセポップが主流になる80年代初頭まではAOR系のサウンド作りへとシフトしていた。

最終更新:
OKMusic