Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元広島、ロッテ投手のジャクソン容疑者を大麻リキッド所持の疑いで逮捕

配信

スポーツ報知

 広島県警は10日、大麻を液体状に加工した「大麻リキッド」を自宅で所持していたとして、大麻取締法違反(所持)の疑いで、プロ野球の広島で活躍し、今季はロッテに所属していた米国籍の元投手ジャクソン・ジュニア・ランディー容疑者(32)=千葉市美浜区=を逮捕した。「何も話したくありません」と話している。  逮捕容疑は今月7日、自宅で大麻リキッドを所持した疑い。広島県警薬物銃器対策課によると、千葉県美浜区にある自宅に、ジャクソン容疑者立ち会いの下、家宅捜索を実施したところ、大麻リキッド数本が見付かった。鑑定を行ったところ、大麻成分が含まれていることが判明したという。含有量については現在、鑑定が続けられている。県警は尿などを検査して使ったかどうかも調べる。  これを受け、県警は10日午前0時9分、広島市南区のJR広島駅近くの駐車場で、新幹線を降りたジャクソン容疑者を逮捕。県警によると、逮捕時は暴れるなどはなく、素直に応じたという。本人は容疑について「何も話したくない」と英語で供述しており、認否には応じていない。  ジャクソン容疑者は2016~18年に広島でプレーし、救援でセ・リーグ3連覇に貢献。昨季は米大リーグのブルワーズに所属し、今季ロッテに加入したが、今月9日に契約が解除されていた。本人が8日に申し出た。  

報知新聞社

【関連記事】