Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京でアニメキャラに会える街5選 葛飾、世田谷、荒川……さて、何の作品かお分かり?

配信

アーバン ライフ メトロ

亀有……言わずと知れた「こち亀」の両さん

 2006(平成18)年、テレビのニュースでJR亀有駅の駅前に両津勘吉の像ができたことを知り、行ってみようと思いました。 【画像】記事で紹介したアニメのキャラを一気に見る  両津勘吉とは、ご存じ秋本治さんによる『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(略して「こち亀」)という漫画の主人公で、僕(増田剛己。散歩ライター)はこの漫画の大ファンだったのです。 『週刊少年ジャンプ』に連載が開始されたのは僕が高校生の頃で、ずっと読み続けていました。1980年代半ばに上京してすぐ亀有公園(葛飾区亀有5)というのを探しに行ったこともあります。  その公園は亀有駅の北口からすぐの場所にあるのを発見しました。漫画と同じ名前の派出所はありませんでしたが、形がよく似た派出所が駅前にあるのを見つけたりもしました。

3次元化されたアニメキャラに会うのは新鮮

 僕がウェブサイトを中心に散歩の原稿を書き始めたのが前年の2005(平成17)年のことで、両津勘吉像のことを記事にしました。亀有駅周辺を散歩して、関連のグッズなどを買い、それらをリポートしたのです。  こうして、漫画やアニメのキャラクターが2次元ではなく3次元で登場して、街の景色の中に溶け込んでいくのはなかなか楽しいものだと思いました。  その後、新たに別の両津勘吉像が建ったとか、「こち亀」の他のキャラクターも銅像になったというニュースを聞くたびに亀有駅を訪れました。駅周辺の像を見た後で、地元のパン屋さんとか弁当屋さんでランチを買い、近くの公園でいただきました。  亀有には先ほど書いた亀有公園のほかに曳舟親水公園(同区亀有4)もあり、ランチを食べる場所はたくさんあります。散歩するには楽しい場所です。

世田谷……昭和の日本を代表する一家の銅像

 サザエさんの街、世田谷区桜新町へは2008(平成20)年に初めて訪れました。さすがにサザエさんの町だけあって、あちらこちらにサザエさんの絵があります。「サザエさん通り」というのもありました。  この通りをまっすぐ進むと長谷川町子美術館(同区桜新町)があります。長谷川町子さんは漫画『サザエさん』の作者ですね。サザエさんに関する資料なども多数展示してあります。  そして、テンションが上がるのはオリジナルグッズが売られている売店です。このとき買ったトートバッグは、持ち手のところがボロボロになってしまいましたが、気に入っていてまだまだ買い物のときに使っています。

【関連記事】