Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

これぞリメイク!PS4ゲーム ファイナルファンタジーⅦ 「原作世代」への強みを発揮

配信

ねとらぼ

 4月10日、PS4の人気シリーズ「ファイナルファンタジー」から、最新作「ファイナルファンタジーⅦリメイク(以下、FF7リメイク)」が発売されました。原作の「FF7」の発売は1997年で、23年の時を経て、圧倒的なグラフィックを持つ作品としてリメイクされました。 【画像:見てわかる「FF Ⅶ」の盛り上がり】  しかし、原作発売当時の年齢によって、注目度には違いがあるようです。 詳しく見てみましょう。

●原作販売当時に7~16歳だった原作世代(現30代)のアクセスが40%

 PS4用ゲーム「ファイナルファンタジーⅦリメイク(以下FF7リメイク)」が2020年4月に発売されました。  原作のFF7は、1997年に発売され、FF10と並び「ゲーム史上最高のストーリー」と評価されることも多い傑作と言われています。ヒロインキャラクターの「エアリス」の過酷な運命に涙したプレイヤーも多いはず。  今回のリメイク版も大きな期待が寄せられる作品となりました。  リメイク版の注目作品が、年代別のユーザーをどのように獲得していくのかは、ゲーム業界のマーケティングに大きな示唆を与えるものになるでしょう。  原作発売当時7~16歳だった「原作世代」は現在30代となっています。  まずは年代別にリメイク版公式サイトへのアクセスユーザー数推移を見てみます。  4月の発売間近になってユーザー数が顕著に増加している様子が見て取れますね。やはり30代が多いようですが、2020年3月の20代の伸びには目を見張るものがあります。  現在はYouTube等でプレイ動画を見たりすることが可能であることから、その結果、若い世代の発売日周辺でのアクセスが増加している可能性もありそうです。さらに、そのように情報収集をしてから購買行動につなげていく可能性もあり、年代別のアプローチの手がかりも見えてきそうです。 次は、最も最近に発売されたファイナルファンタジーシリーズであるFF15、また、PS4公式サイトと年代別の割合を比較してみましょう。  ファイナルファンタジーシリーズは、PS4ユーザーの中でも20、30代が多い傾向があるようですね。  ただ、その中でもFF7の原作世代(30代)の割合は最も高くなっており、全ユーザーの約40%が30代です。  原作を当時プレイした方がアクセスされている可能性が高いと考えられます。  次は男女それぞれの、年代別のユーザー数割合を見てみましょう。  男性の方が原作世代(30代)が多いことが分かります。一方、女性では20代が36.5%と、原作世代を上回って最も多くなっています。FF7の主人公「クラウド」やラスボス「セフィロス」はFFシリーズでも屈指の人気キャラクターで、中でもクラウドは、全FF作品での人気投票の1位常連です。魅力的な男性キャラクターが20代女性の支持に貢献している可能性も大いにあるのではないでしょうか。

【関連記事】