Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ダウンフォースはいる? いらない? 高速シルバーストンに向けた正解のリヤウイングはどれだ?|F1メカ解説イギリスGP編

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
motorsport.com 日本版

 F1チームは少しでもライバルに追いつき、追い越そうと、絶え間なく開発を行なっている。今回はイギリスGPで見られたトップ4チームの新パーツを見てみることにしよう。 【動画】2020F1イギリスGP決勝ハイライト  イギリスGPの舞台であるシルバーストン・サーキットは、それまでの3ラウンドとは要求されるモノが大きく異なっている。各チームはそれを理解し、対策を施した空力パーツを持ち込み、様々なダウンフォースレベルを試した。

■メルセデス

 2020年型のメルセデスW11は、昨年仕様マシンと比較して優れたレベルのダウンフォースを手にしている。そのため、搭載されるウイングの角度も薄くなっている。シルバーストンに持ち込まれたリヤウイングもその例に漏れず、シーズン前半に使われていたモノと比較してもウイングの角度がさらに薄くなり、フラップの後端からガーニーフラップも外されている。  この低ドラッグ仕様のリヤウイングには、チームがプレシーズンテストで試し、その後シュタイアーマルクGPで実戦投入された、1本ステーの構成も含まれている。  ステーを1本にすることで、気流を分割する効果を少なくすることができる。これは、メインプレーンを薄くした場合には重要である。この1本ステーを導入するにはメリットとデメリットがあるが、今回は空力的なメリットを考え、採用されたモノと考えられる。  なおこのステーはメインプレーンの下側に取り付けられており、ウイング上部にはDRSの作動ポッドだけが配置されることになる。こうなると、フラップ上面での乱流発生が削減されるはずだ。

■フェラーリ

 フェラーリは今季、パワーユニットの出力面で苦しんでいる。その結果、ライバルに対して最高速の面で劣っている。特に今季パフォーマンスを向上させたメルセデスとは、約40bhpの差があるとも言われる。  そのためフェラーリは、劣る最高速をいくらかでも取り戻そうと、シルバーストンに最もダウンフォース発生量が小さいリヤウイングを持ち込んだ。ただダウンフォースが小さいと、コーナリング中にマシンを路面に押さえつける力が弱まることになり、マシンが横滑りしてしまう。タイヤの寿命やパフォーマンスに悪影響を及ぼすことになるため、この決定には苦痛も伴う。  昨年のイギリスGPの際には、より大きなリヤウイングを装着し、さらにTウイングも取り付けていた。そこからも、今年パワー面でどれほど苦しんでいるかが分かろうというものだ。

【関連記事】