Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

経営情報開示で23クラブ赤字発覚も…Jリーグに「破産」が出ないワケ

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 Jリーグは30日、リモート会見で「2019年度・クラブ経営情報開示資料」を公表した。  5月の先行発表の際には<鳥栖の赤字20億円>が話題を集めたが、19だった赤字クラブに磐田、水戸、柏、相模原が仲間入りして<計23>となった。この中で柏が、鳥栖に次ぐ10億1300万円の赤字を計上している。  もともとJリーグには脆弱な経営体質のクラブが多く、この日は札幌、仙台、鳥栖、福島、相模原、長野、富山の2期連続の赤字が明らかになった。さらには新型コロナウイルスの大打撃を受けて先行き不透明。それなのにJリーグは「赤字イコール経営がうまくいっていないというわけではない。(柏の場合は)攻めの予算を組んだ結果です。特に想定外ではないと認識している」(村山勉クラブライセンスマネジャー)という。  新型コロナ禍で世界中のサッカークラブが経営難に陥り、たとえば7月2日にイングランド2部ウィガンが破産宣告。6月にはドイツ1部2回優勝の古豪カイザースラウテルンが破産宣告した。どうしてJリーグには破産クラブが出ないのか?  元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が言う。 「DAZNの放映権料などを原資としたJリーグ配分金は、川崎への17億9200万円を筆頭に各クラブに行き渡っているし、スポンサー収入もトータル640億円と前年比プラス45億円となっている。新型コロナの影響はもちろんあるが、欧州や南米などの<以前から破産同然ながらも特例措置などで存続しているクラブ>とは違い、Jに破産クラブはそう簡単には出てこない。ファンやサポーターの<地道なサポート>もある。新型コロナ禍で無観客試合となっても、シーズンチケットを持っているファンは払い戻しを要求するどころか、クラブに『そのまま寄付します。運営費に充てて下さい』という申し出が少なくなかった」  予断は許さないが、現時点でJリーグは<余力あり>ということか。

【関連記事】