Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

6月の異名「水無月」 梅雨時なのになぜ?

配信

ウェザーニュース

 新緑に包まれた5月も終わり、6月になりました。  6月の異名として広く知られているのが「水無月(みなづき)」です。  梅雨時で雨の降りやすいにも関わらず、「水が無い」と表すのを不思議に感じたことのある方も多いのではないでしょうか。

水無月は「水の月」という意味

 水無月の「無」は、「の」にあたる連体助詞「な」であるため、「水の月」という意味になります。  今まで水の無かった田んぼに水を注ぎ入れる頃であることから、「水無月」や「水月(みなづき・すいげつ)」「水張月(みずはりづき)」と呼ばれるようになりました。  この時期の雨は稲が実を結ぶために重要なものであるため、豊作を願う人々の思いがこの呼び名に表れている、ともいわれています。

昼間の暑さと夕暮れの涼しさ

 ほかには、酷暑にたえて涼しい風を待つという意味の「風待月(かぜまちづき)」、「常夏月(とこなつづき)」、「炎陽(えんよう)」など、夏の厳しい暑さを感じさせる呼び名が多くあります。  一方で、「弥涼暮月(いすずくれづき)」や「涼暮月(すずくれづき)」など、夕暮れの涼しさを表現した異名もあります。  また、「蝉羽月(せみのはつき)」という、蝉の羽のような薄い衣を着る月という意味の言葉もあります。かつての日本人のライフスタイルを表す、なんとも優雅な言葉選びですね。

ウェザーニュース

【関連記事】