Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

えっ、猫がZoom会議で説教…在宅ワークで見た「猫のおもしろ行動集」

配信

女子SPA!

<みきーるの女子マインド学>  新型コロナウィルスの影響で、時短勤務やテレワークをする人が増えています。 ⇒【写真】在宅ワークを邪魔するニャンコたち 「必然的にペットと過ごす時間も増えた」というケースも少なくないようです。  今回は、猫好きさんに「ツッコミたい! 猫のおもしろ行動」を訊いてみました。

在宅ワークを邪魔するいたずら猫たち

●Zoom会議に参加&爆鳴き 「いつもはそっけないくせに……。うちのコは、Zoom会議中に限ってやってきては爆鳴きします。先日は部下に指示を出している最中、私の肩に上ってきて“オレからも一言言ってやろうか?”と言わんばかり。めちゃくちゃ恥ずかしかったです」(ミズホさん)  時には部下にきびしいことも言わねばならんのに、肩には猫! 説得力が……! ●ドアのスキマから、伝言を差し入れ 「仕事部屋のドアを閉めて作業していると、最初はドアを引っ掻いて“入れてー!”とアピールしてくるんですが、“しばらくおとなしいな?”と思うと、やがてドア下のスキマから、紙キレとか綿棒とか、どこかから見つけてきたゴミが差し込まれます。“入れろ”という伝言なんでしょうね」(モリさん)  ドアのスキマからメッセージを入れるなんて、推理小説みたいですね……! ●ビジネス喧嘩(?)で気を引く 「うちには2匹猫がいます。ふだんは仲がいいのに、部屋にこもって仕事していると、ものすごく派手なケンカが始まって……。“一体どうしたの?”とドアを開けると、パタッとケンカをやめるんです。あれは、ドアを開けさせるためのお芝居だったんですね……」(ユミリさん)  まるで、天岩戸の前で踊ったアメノウズメのよう。ご主人にドアを開けさせるには、さわぐのがいちばん! と知っているのかも?

猫に翻弄されまくる飼い主たち

●ショック! “女の顔”を見せた猫 「私も夫も自宅勤務になり、ストレスもたまってたまに口論するようになりました。ある日、私が意地になったことが発端で彼と口ゲンカになったとき、猫がサッと彼に寄り添い、あまつさえ“あなたが悪い”とばかりに私の脚を引っ掻いたんです! たしかに、私より彼になついているコですが、なんかショックでした……」(シオリさん)  私の愛猫にも“ケンカの仲裁”をしてくれるコがいましたが、いざ相手の味方をされるとショックですよね……。 ●相手が変われば、ごはんを2回もらえる!? 「うちでは朝ごはんは私、夕飯は夫があげることになっています。夫からもらっているはずなのに、私が帰宅するとシレッと“ママおかえり! お腹空いたよー!”的にごはんをねだってくるのがウケます。人間が情報交換している事実には気づかないみたいです(笑)」(キヨコさん)  パパからもらったぶんは、もう食べちゃったのでゼロカロリー!? ●なんちゃってフレンドリー!? 「うちのコは、誰にでもフレンドリー、のんびり&大らかな猫だと思っていたのですが……。一緒に私の実家に帰省した際、実家の猫2匹に対面するや、シャーシャー言って威嚇マックス! 彼らのごはんまで完食してしまってドン引きました。オスだから縄張り意識が強いのかもしれませんが、新たな一面に驚きました」(グリーンさん) 「うちのコは、こういう子!」と思っていても、一歩外に出るとまるで違う顔が見えてびっくりすることもありますね。 ●苦手なんじゃなかったの? 「うちのコは、以前、病院に連れていって以来、ケージをおそれるようになりました。なので、ケージを出しっぱなしにしておくと“それ嫌い! 早く片付けて!”みたいな態度をするように……。それなのに! ある日荷物を取りにロフトに上がると、しまっておいたケージが微かに動き、“?”と思って見ると、中で猫がスヤスヤ寝てました。“お前、これキライなんじゃなかったの!?”とツッコミましたね」(マヤさん)  たぶん、“入れられるのはイヤ”だけど、“自分で入るのはいい”のかも?  いかがでしょうか? 「このコのことはなんでも知ってる!」と思っても、状況や環境が変わって見えてくる一面もあったりするものです。  だからこそ、猫好きさんは“やめられない!”のかもしれませんね。 <文/みきーる> 【みきーる】 ジャニヲタ・エバンジェリスト。メンタルケアカウンセラーⓇ。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru、公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!』

女子SPA!

【関連記事】