Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

長期予報 この冬は東、西日本で平年並みの寒さ、日本海側の雪は平年並みか多い見込み

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーニュース

東日本や西日本、南西諸島は平年並みの寒さ

気象庁は25日(金)、寒候期予報を発表しました。 12月~2月にかけてのこの冬は北海道では、寒気の影響を受けにくいことなどから、平年より気温が平年並みか高くなる見込みです。 東日本や西日本では平年並みの予想です。 この冬にかけては、ラニーニャ現象の発生する可能性が高く、過去のラニーニャ現象発生時は、東日本以西で平年並みか平年より低くなる傾向があります。 ただし、大気全体で気温が高くなっているため、東北から九州、沖縄は平年並みと予想しています。

西日本の降雪量は平年並みか多い

この冬は東日本や西日本では寒気が流れ込みやすく、冬型の気圧配置が強まりやすい予想となっています。 このため、近畿日本海側や山陰では降雪量が平年並みか多い予想となっています。 北日本では冬型になりにくく、北海道日本海側では平年並みか平年より少なくなる予想です。 一方、低気圧の影響を受けやすくなるため、北海道や東北の太平洋側で平年より降水量が多く、雪になる日が平年より多くなる可能性があります。

ウェザーニュース

【関連記事】