Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍で新たな“名もなき家事”が誕生…その負担が女性に大きいワケと対処法を聞いた

配信

FNNプライムオンライン

コロナの前と後、生活に関する実態を調査

新型コロナウイルスの感染予防として、不要不急の外出を自粛する生活となり、仕事においてもテレワークで行うことが増えた。 【画像】家事分担はできている?男性と女性で意識にこれだけの差 特に緊急事態宣言が発令中の4、5月はこの意識が強かったのではないだろうか? このような中で大和ハウス工業株式会社は7月8日、「コロナの前と後、生活に関する実態調査」の結果を発表した。 20代~40代の配偶者がいる全国の男女1200人(共働き家庭と片働き家庭各600人ずつ、テレワークあり・なしで各600人ずつ)を対象に、インターネットで6月5日から6月10日に調査。 緊急事態宣言前と後の生活変化や、料理・洗濯など名前のある家事の回りにある、いわゆる“名もなき家事”の実態、夫婦間の家事分担の変化などを聞くとともに、新しい生活様式における取り組みについても聞いた。 その結果として分かったのが、コロナ禍でのストレスに加え、新たな”名もなき家事”が生まれていたというのだ。

コロナ禍で約9割に新しい習慣

まず、コロナ禍による生活変化でストレスを感じているか聞くと、全体では「外出自粛によるストレス」(61.8%)が1位で、「新型コロナウイルス対策へのストレス」(56.7%)、「収入・家計に関するストレス」(49.8%)、「家事・子育てに関するストレス」(41.2%)と続いた。 なお「家事・子育てに関するストレス」を男女別で見ると、男性が31.7%で女性が50.7%と回答に大きな開きがあった。 そして、コロナ禍により新しい生活様式が求められる中、「新たに習慣になったこと」を聞くと、「外から帰ったら必ず手を洗う・うがいをする」(72.9%)が最も多かった。 続いて、「日中はできるだけ窓を開けて換気をする」(39.4%)、「玄関にマスクや消毒用スプレー・除菌ティッシュを置く」(31.4%)の順となり、全体の90.6%が新しい習慣を身に付けていたのだ。 新しく加わったこれらの習慣について今後も継続したいか聞くと、87.0%が「継続したい」と答えた。 感染予防対策に関する行動は、新型コロナウイルスだけではなく、風邪の予防にもなるため、継続することはたしかに重要となりそうだ。

【関連記事】