Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

唐津市、漁港管理のマニュアル作成検討 湊浜漁港での無許可係留船問題で

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
佐賀新聞

 佐賀県唐津市湊町の湊浜漁港で無許可係留船や沈没船が問題となっていることに関し、山本善文農林水産部長は15日の市議会一般質問で、「対策に向けたマニュアルの作成を進めたい」と述べた。また、同漁港で見つかった沈没船が14日に引き上げられていたことも分かった。  浦田関夫議員の質問に答えた。現在、市には無許可係留船に対処するマニュアルはない。山本部長は「適正な管理のためにはマニュアルを持つべき」との認識を示し「今年から来年度にかけて(さらなる)調査を実施し、なるべく早い時期に解決したい」とした。峰達郎市長は「漁港は美しい海の風景の一部。マニュアルの作成を含め、適正な管理に努めたい」と述べた。  市水産課によると、同漁港に2年以上放置されていた沈没船が、所有者とみられる人物によって14日に引き上げられたという。漁港に陸揚げされた状態で、同課は「廃船の手続きや撤去、解体までどれくらいの期間を要するのか、所有者や関係者に確認したい」としている。

【関連記事】