Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新成人の思い出プレゼント 児童養護施設出身者に晴れ着の記念撮影

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
西日本新聞

 経済的な理由から成人式で晴れ着を着ることが難しい児童養護施設出身者に、振り袖姿などでの写真撮影の機会を贈るボランティア団体が14日、北九州市若松区で撮影会を開いた。児童養護施設出身で来年成人式を迎える同市の女性(20)が同区の国登録有形文化財「旧古河鉱業若松ビル」と若松恵比須神社で写真撮影に臨んだ。 【写真】レトロな建物を背景に成人式の記念写真を前撮りする女性  黒地にピンクの花をあしらった振り袖姿の女性は「すごく新鮮な気持ちでうれしい」と語り、カメラに向かった。短大2年生で民間企業に就職が内定しており、「一人で何でもできる大人になりたい」と話した。  撮影会は「ACHAプロジェクト」(東京)が主催。ヘアメークや着付け、撮影は、協力するプロなどが担った。自らも施設出身の山本昌子代表(27)は「関係者が一緒に祝い、心がつながったと感じられる体験は大きな意味がある」と語った。 (古瀬哲裕)

西日本新聞社

【関連記事】