Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

観光需要回復へ「躊躇なく臨機応変に」 西村大臣沖縄視察

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
沖縄テレビOTV

沖縄テレビ

新型コロナウイルス対策に関する視察で沖縄を訪れている西村経済再生担当大臣は、観光のハイシーズンに打撃を受けた国際通りなどを視察し、観光需要の回復に向けて政府として支援していく考えを示した。 西村経済再生担当大臣は1日午後例年なら観光需要が高まる夏場に新型コロナウイルスの影響が直撃した国際通りの現状について関係者から聞き取った。国際通り商店街振興組合連合会真喜屋理事長「国際通りで460店舗くらい店があってコロナで約40店舗が撤退。(大臣「閉めましたか?)休業している店もかなりある」 西村大臣は元の賑わいを取り戻せるよう努力していくと述べ、近く商店街のイベントを対象に支援策を打ち出すと説明した。大臣これに先立ち、西村大臣は玉城知事と面談。玉城知事は財政支援を含む新型コロナウイルスへの対応に関する16項目の要望書を手渡した。 この中では医療や福祉、教育など社会活動を支える職種を対象に定期的なPCR検査を実施する事やGoToキャンペーンの継続などを求めている。玉城知事「県経済がかつて経験した事のない危機に直面しているといっても過言ではない」 西村経済再生担当相「躊躇なく臨機応変に経済財政運営に万全を期すようにと(菅首相)から指示を受けておりますので現場の皆さんの声を伺いながら臨機応変に対応していきたい」 西村大臣は感染防止策と経済の両立を図りながら観光需要の回復に取り組む考えを示した。

沖縄テレビ

【関連記事】