Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「竹島に上陸してみた」…韓国国民の領土に対する気概に日本は完全敗北していた

配信

プレジデントオンライン

■韓国経由でしか竹島には行けない  「百聞は一見に如かず」ということわざがあるが、これは真理である。私は8年前右翼だった。周囲の保守系言論人は皆、韓国を徹頭徹尾批判し、韓国警備兵による竹島「不法占拠」をけしからんと言ってはばからなかった。しかし竹島に行ったことのある人間は一人もいなかった。天文学者がベテルギウスや木星に行くことができず、その研究を望遠鏡や探査機の写真に頼るのは致し方ない。しかし竹島は行政区分上島根県で、行こうと思えば割と簡単に行くことができる。だから私は、韓国の竹島占拠を批判する分際で、竹島に行かないのは物書きとして大変不誠実だと考え、2012年に竹島上陸を挙行した。 【写真】竹島にて  竹島への航路は、島根県の隠岐群島から海を泳いでいけば何とかならないこともないが、超人でない限り現実的には不可能である。どうしても韓国側からのアプローチが必要である。要するにパスポートを持って韓国側から竹島に上陸するほかに道はない。外務省はこの行為を、「竹島の韓国主権を追認する行為になるので渡航は控えて」と注意しているが、あくまで要請であって強制力はなく、韓国側から日本の民間人が竹島に上陸したとしても罰則はない。

■韓国警察の取り調べを受ける  竹島上陸ルートは実に単純である。まず釜山(プサン)まで行き、竹島への海上定期便が発着する日本海の孤島・鬱陵島への2ルートいずれかを採る。つまり韓国本土から鬱陵島へは、日本海に面する浦項市(ポハン・釜山からバスで2時間弱)か、ソウルの東側にある東海市まで行き、鬱陵島へのフェリーチケットを購入することである。ちなみに鬱陵島には飛行場は無い(造る計画はあるようである)。ここで第1関門。まず浦項、東海いずれから鬱陵島に渡るルートを採用しても、必ず韓国警察の取り調べを受ける。  竹島への唯一の航路が鬱陵島を経由することだ。竹島に上陸して日章旗を掲げるなどの不埒な日本人が居るとあちらとしては警察の責任問題になるので、鬱陵島に渡る時点で日本人は全員、フェリー乗り場の別室にある韓国警察の駐在所に連れていかれ、「鬱陵島への渡航目的は? 」と念入りに聞かれる。私を取り調べた韓国警察は日本語に堪能であったので、会話はすべて日本語。「もちろんあなたも知っているでしょうが、鬱陵島からは独島(韓国側呼称)へ行くことができますが、行く予定はないですよね?  まさかないですよね? 」などと、なおも執拗に訊いてくる。パスポートは当然のこと、荷物は全部チェックされ、パスポートの複写と韓国語で書いた人定調査書をFAXで鬱陵島韓国警察に事前から送信されてようやくOKがでる。  ここでの私の受け答えは「私はアマチュアカメラマンなので、鬱陵島の山や自然を撮影することが目的です」と適当に欺瞞(ぎまん)していれば何ら問題はない。 ■鬱陵島に到着  さて韓国本土から鬱陵島は大型フェリーで約3時間強というところ。鬱陵島は、あまり知られていないが李氏朝鮮時代に海賊が跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)したので「空島政策」という無人島政策を李朝が採用した隙に、江戸時代に日本人が入植してプチ開拓した事実がある。朝鮮を侵略した秀吉政権とは違い、徳川幕府は平和路線を重視したので、李朝からの抗議により鬱陵島の領有を放棄した(このことを竹島一件と呼ぶ=江戸期の鬱陵島の呼称は竹島であった)。  鬱陵島は小さな島でこれといった観光資源もない漁業(主にイカ)の地域であるが、日本で言う小笠原諸島のような海からしか行けない場所ゆえに秘境感があり、ソウル方面からの観光客が訪れる場合が多い。勿論、鬱陵島に着いた段階で日本人と思われる観光客は私以外に皆無だったが、もの好きの欧米人もちらほらと居た。異国の地で事前にホテルを予約することが嫌いな私は、街を適当にほっつき歩いて1泊7000円くらいの中堅ホテルに3泊することになった。

【関連記事】