Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

浜田雅功の“鉄拳”が社会的距離で届かず、後輩が言いたい放題 浜田の弟子?も登場

配信

デイリースポーツ

 ダウンタウンの浜田雅功が、相方とロケをするMBSテレビ「ごぶごぶ」(後11・56)が6月2日放送回は、約3カ月ぶりの再スタートを切る。  『ソーシャルディスタンス』をとりながらの収録。1人でスタジオに足を踏み入れた浜田は、申し訳程度に置かれたスタジオセットに「何もあらへん…」、「(今日は)なんですか?」と不安気な様子に。  そこへ浜田を『よ~く知る人』たちを呼び出した。「うわうわうわぁ~何これ?」と文句を言いながらも、仲の良い後輩たちを前になんだかんだうれしそう。そして浜田の初弟子?も登場する。  まずは安全に安全を期して、ソーシャルディスタンスの“倍”ほどの距離を取った『ごぶごぶ流ルール』のもと、広いスタジオの真ん中に置かれたテーブルには、黒ひげ危機一髪やジェンガ、だるま落とし、将棋崩しなど定番のおもちゃが多数。この環境でどうやって遊ぶのか?  また、おもちゃに触れる前に消毒という『ごぶごぶ流ルール』を、すぐに忘れる浜田は「消毒!消毒!すぐ忘れるんだから!」と注意され、イライラ。スタッフも2メートルの距離を保つため近寄ることができず、準備も片付けも自分たちで行うが、「それに時間費やしてたら番組終わってまう」とさらに憤慨した。  昼食のメニューを選ぶにも、守らないといけない『ごぶごぶ流ソーシャルディスタンス』が…。すると、浜田が近寄れず、いつもの鉄拳も飛んでこないことに気付いた後輩たちは、ここぞとばかりに浜田に好き勝手言い始める。  久しぶりの収録で仲良し後輩芸人と楽しくゲームをするはずが…浜田がキレまくりの1時間となる。

【関連記事】