Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

試合で戦うことで自分の「スッピンスウィング」がわかる。プロゴルファーはなぜ“試合”に出るのか?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

7年ものの間、試合に出場していなかったティーチングプロの永井延宏が、7月10日に開催された日本シニアオープン地区予選会に出場した。プロゴルファーはなぜ己を試す「試合」にかくも惹きつけられるのか。その心理と、試合のなかでしか得られないものについて、永井本人に寄稿してもらった。

プロゴルファーはなぜ試合に出場するのか

先週金曜日の7月10日。埼玉県の嵐山カントリークラブで開催された、日本シニアオープン地区予選会へ参加してきました。 私は昨年から、この予選会への出場資格が発生していましたが、今年が初参加。ちょうど昨年の今頃から左肩を痛めて、一時はドライバーが180ヤードしか打てなくなってしまったので、この予選会への挑戦は断念か? と思っていました。 そこに予想外の新型コロナウイルス問題が発生し、4月上旬から約2カ月に渡る自粛生活の運動不足解消に、自宅でゴルフのスウィング動作につながる体操や短くて重いクラブでの素振りを、毎日おこなっていました。そのせいかドライバーの飛距離もフェアウェイに入れば250ヤードくらい出るようになってきたので、試合まで1カ月を切った頃に、オンラインでエントリーして、この予選会への出場を決めました。 試合に向けての取り組みや結果は、既に私のブログで報告済みでして、それを見たこの「みんなのゴルフダイジェスト」の編集部より、「プロは何故試合に出るのか? をテーマにコラムを書いてください」との依頼を受けて、今、キーボードを叩いています。 試合の結果はというと、40・39の79ストロークで、スコアカードマッチング方式に引っかからずにスッキリと通過するのが75ストロークでしたから、4打足りずに予選落ちでした。 私自身、7年ぶりの試合ということで、その独特の緊張感に呑まれてのミスや事件がちょうどその4打となった印象です。客観的に見たら、今の自分はカットライン上くらいに居るか? と予測していましたから、見立ては間違っていなかったと感じています。 本題の「何故試合に出るのか?」という部分に関しては、今回は明白です。気持ち的にはメダリストで予選通過するくらいで挑み、好結果を出して、自分に対してのポジティブな話題を提供したかったからです。 過去にJGTOのクオリファイトーナメントに出場していた時は、プレーヤーとして感じる部分のフィードバックであるとか、ある意味、1週間自分のゴルフに没頭できるバカンスのように、出場の理由付けをしていました。 そういう意味では、やはり結果が出なかったのは、本当に残念で悔しいです。

【関連記事】