Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「管理料」は女性への罰金じゃない 子宮内膜症、月経困難症などに診療報酬を新設

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

月経困難症や子宮内膜症など女性特有の病気に診療報酬が新設されるという報道があったところ、SNSでは、「女性への罰金か?」「なぜ女性だけから金をむしり取る?」「性差別だ」「なぜ管理されなくちゃいけないの?」など、批判の声が相次いでいます。 しかし、これは本当に女性にとってマイナスな施策なのでしょうか? 診療報酬を新たに設けるということは、医師や医療機関にとってはその診療をやれば儲けになり、積極的に取り組もうというインセンティブ(動機)が働くことでもあります。また、今回の「管理料」を請求するには患者の同意が必要なので、こうした病気に対する継続的な診療や丁寧な説明が必要ない人は拒否すれば自己負担が増えることはありません。 【BuzzFeed Japan Medical/岩永直子】

まさに女性特有の病気を自身のクリニックで日々診ている産婦人科医の宋美玄さんや厚生労働省に、管理料の意味について伺いました。

そもそも男性の病気にもついている「管理料」

まず、「女性差別か?」「なぜ女性だけに?」という声が多いわけですが、そもそも「管理料」は女性特有の病気にだけつけられるものではありません。 「生活習慣病管理料」「がん患者指導管理料」「糖尿病透析予防指導管理料」「ニコチン依存症管理料」など様々な病気についており、もちろん男性も対象です。 厚労省によると、管理料は「特殊な疾患に対する診療、医療機関が連携して行う治療管理、特定の医学管理等が行われた場合に算定する点数」 という定義となっています。 宋さんはこう言います。 「手間のかかる病気や状態を診療することを適切に評価しようと設けているのが管理料です。当初出た記事では、男性がかかる他の病気でも管理料があることが書かれていなかったので、『なぜ女性だけに?』という誤解が生まれたのではないでしょうか?」 「我々女性が女性ホルモンに守られてかかりにくくなっている生活習慣病も管理料があるわけですから、『女性特有の病気に罰ゲーム』と受け止めるのは間違っているんですね。男女関係なくお互い様と言えると思います」

【関連記事】