Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「これは頭いい」「洗い物が減る!」”ふたがトングになる”保存容器がTwitterで話題に 考案者の発明家を直撃

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 とある保存容器が”超便利”だとTwitterで話題となっている。  話題となっているのは旭電機化成から1個500円前後で発売されている”ふたがトングになる”保存容器。ふたを折り曲げると、ふたの裏のトングが開閉する仕組みとなっている。 【映像】実際に使った田中萌アナの感想は?

 同商品は、個人発明家が多数所属する会員制の団体組織「発明学会」の会員である、静岡県の発明家・田村さん(58)が考えたものだそう。田村さんは「ある日焼きそばを食べている時に紅ショウガが冷蔵庫にあるのを思い出しました。箸はすでに口を付けていたため紅ショウガのためだけに新たに箸を出すかどうかで悩みました。そんな時、トングがついた保存容器があればと思い開発を始めました」と、アイデアを思い付いたきっかけを明かした。  SNSでは、同商品について「めちゃくちゃ欲しいわ」「早く知りたかった~」「これは頭いい」「洗い物が減る!」などのコメントが寄せられ大きな話題となった。  ABEMAヒルズでは、MCの田中萌アナウンサーが実際に商品を手にとって試してみることに。容器に入った梅干しをトングで掴むと「取りにくいのかなと思ったら、しっかり取れます。わざわざ箸を用意するのに面倒な時に良いですね」と高評価だった。 (ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)

【関連記事】