Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

まるで手品? 西武源田の好守にファン「たまらん以外の表現が見つからない」

配信

Full-Count

難しい打球をキャッチすると一瞬でボールを持ち替え、流れるような送球を披露

 西武は12日、ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ戦に8-5で勝利。ノーゲームを挟んだ5連戦を3勝2敗で勝ち越しとした。代名詞の強力打線が火を噴いた一方で、この日も光ったのが名手・源田壮亮内野手による好守の数々だ。 【動画】流れるような守備にファンも思わず「たまらん!」 難しい打球も簡単に魅せる、西武源田のランニングスロー映像  9回裏、ロッテ岡のセンターへ抜けるかどうかという打球に素早い反応で回り込むと、ハーフバウンドを華麗にキャッチ。一瞬でボールを利き手に持ち替えると、すぐさま一塁へ流れるようなランニングスローを送り反撃の芽を摘んだ。  難しいプレーもたやすくこなし、涼しげな表情を浮かべた源田。「パーソル パ・リーグTV」がこの模様を動画で公開すると、ファンからは「源田の守備は日本一級品」「たまらん。それ以外の表現が見つからないぐらいにたまらん」「現役ショートの守備で源田の右に出るものは居ない」「ファインプレー直後とは思えない源田の涼しい顔もたまらん」「長い距離走ってバウンド合わせてすぐに正確に投げる。難しいプレーを簡単そうにやってのける本当のプロのプレー」「握り変えはやすぎん? 気がついたらボール右手にあるじゃん 手品かと思った」「源田の守備でご飯食える」「何が上手いのか分からなくなるほど上手い すなわちたまらん」と絶賛の声が上がった。  2年連続ゴールデングラブ賞を受賞した球界屈指の遊撃手のプレーは、これからもファンを楽しませてくれそうだ。

Full-Count編集部

【関連記事】