Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【車いすのダイバー】障害があるかないかは問題なく「好き」とか「やりたい」という気持ちが常識を越えたエネルギーを与えてくれる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BEST TIMES

 生まれつき目が不自由、足も不自由という“二重の過酷な運命”を背負うことになった大学准教授(教員)、吉野由美子氏。  それでも常にポジティブに生きてこれたのは、たまたま出会ったスクーバダイビングによって、かけがいのない“自由な翼”を手に入れることができたからである。日本ではまだまだ立ち遅れている「障害者福祉」というアカデミックな研究に裏打ちされた彼女のコラムは、障害があっても前向きに生きていける、実りある“人生のヒント”を教えてくれるだろう。 この記事の写真はこちら ■ダイビングでなければ得られない素敵な人生  ダイビング用の小さなボートから海に入ると、先程まで感じていたアルミ製のタンクの重さが消えて、無重力状態の快感が私を包み込む。  ゆっくり潜行しながら移動して行くと、目の前にギンガメアジの大きな群れが見えてきた。 「ワーすごい!」と、その群れに見とれながら、さらに下りて行くと、いきなり白い砂の上に大きな岩。と思ったら、その岩と見えた塊(かたまり)が動いているのだ。  よくよく見ると、とても大きなホウセキキントキの群れが流れに逆らって、ゆっくり移動しているところだった。  遠くのブルーの水の中に、白いサメの姿がシルエットのように見える。こんな風に大物が沢山出てくるポイントに相応(ふさわ)しく、ここは流れが速く、その流れが波の満ち引きのように、リズミカルに方向を変える。  私はその流れに乗って回ってくるギンガメアジの群れの中に入ってみたいと、流れに逆らって、群れの正面に回り込もうと無駄な努力を繰り返して楽しんでいた。  突然、私たちをガイドしてくれていたアメリカ人のインストラクターが私の手を掴(つか)んで、すごい力で私を群れの中に引っ張り込んでくれた。  ほんの少しの間、私たちはギンガメアジの仲間になった気分で、群れと一緒に泳ぐことができた。  ふと下を見ると、白い砂地の上に1mはあるキャベツサンゴが群生し、砂地はまるでスキー場のなだらかなスロープのように、深いブルーの水の中に続いていた。 「このままこの世界に吸い込まれてしまいたい」 「このまま、この世から消えてしまっても良いな」  こんな素晴らしいポイントに潜ると、ここが水の中であることも、気を抜くと危険であることも忘れてしまいそうで、ふと恐怖を覚えるほど。  これは、インドネシアとフィリピンの中間にあるマフィアリーフというポイントに潜った時の私の体験で、私の19年間のダイビング歴の中でもトップクラスの、素晴らしい瞬間であった。

【関連記事】